Web Service

色々なブランドカラーの値を知ることができる「BrandColors」

ちょっとした参考になりそうだったのでメモがてらご紹介します。色々なブランドカラーの値を知ることができる「BrandColors」です。Webサービス系のブランドが多いですね。一覧でズラーっと表示されるので見やすいかと思います。

[ads_center]

使ってみる

こんな感じで各ブランドカラーの一覧が表示されます。

ブランドカラーの一覧

Evernote、Dropbox、Flickr、Facebook、Deliciousなど有名なブランドカラーが勢揃いです。

たくさんの有名ブランドカラー

その他にも、GitHub、Google +、HTML5、Heroku、Instagram、Pinterest、Pocket、Readability、RSS、Skype、Tumblr、Twitter、Ubuntu、WordPressなど、ほんとたくさんあるので、このブランドの色が知りたかったという嬉しい発見もあるかと思います。

好きなカラーにマウスオーバーすると「Copy to clipboard」と表示されるので、それをクリックするとカラーコードをコピーすることができます。

カラーコードをコピー

ということで、もし気になるブランドの色があるならここで見つかるかもしれないですね。以下からご利用できます。

関連記事

  1. Shazam

    Web Service

    【超便利】この曲なんだろうと思う曲を一発で教えてくれる便利なiPhoneアプリ「Shazam」

    個人的にすごい便利なiPhoneアプリを発見したのでご紹介します。「S…

  2. CSS Gradient Animator

    Web Service

    CSSでグラデーション背景を変化させるコード作成ジェネレーター「CSS Gradient Anima…

    CSSで変化するグラデーション背景を作成したい時に役立つジェネレーター…

  3. Web Service

    iPhoneアプリのRead it LaterがPocketにリニューアルしたので使ってみたらヤバか…

    ふと、iPhoneを弄っていたらアップデートできるアプリがあったのでし…

  4. Web Service

    使い捨てメールアドレスが欲しい時に便利!2秒でフリーメールを取得することができる「Super Mai…

    使い捨てアドが欲しい時にとても便利ですね。たった2秒でフリーメールを取…

  5. Web Service

    Draftpadのアシスト機能を使えばEvernoteやDropboxはもちろん、するぷろ for …

    前々からDraftpadを入れてたんですが、ほとんど使っていませんでし…

  6. Web Service

    自分の興味にあったニュースや記事を推薦してくれる「Gunosy(グノシー)」を使ってみた

    自分の興味に合うニュースや記事を推薦してくれるGunosy(グノシー)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. macOS Mojaveのダークモード
  2. Olli
  3. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  4. 1Password 7

Facebookページ

PAGE TOP