stickyTableColumns

JavaScript

水平(左右)にスライドできるテーブル実装「stickyTableColumns」

stickyTableColumnsは、データ量の多い表をページで表現する際にとても便利なjQueryプラグインです。表を「table」タグで作成したときに、その表の枠の幅を固定させ、表示可能領域以外の部分は水平(左右)にスライドすることで見ることができます。また、スライドバーも表の下部に表示されます。表をWEBページで表現すると、内容が分かりやすいうえに、単に目立たせる役割も果たしてくれます。それでは、このプラグインの詳細を見ていきましょう。

stickyTableColumns

デモ

まず、stickyTableColumnsの使用には、jQueryの読み込みが必要です。その上で、stickyTableColumnsのファイルを読み込みます。

$('table').stickyTableColumns();

固定させたい列の数を指定します。常に表示させたい項目などの列があれば、その表示は固定することができます。

$('table').stickyTableColumns({ columns: 2 });

たったこれだけです。とても簡単ですよね。複雑な記述は一切ありませんので、初めて使用する方でも安心して使用できると思います。また応用編として、スライドバーをフラットなデザインにしたり、丸みをもたせたりしてみると、さらに洗練されたデザインになると思います。

stickyTableColumns

preloadプリロードやローディング画面を実装できるjQueryプラグイン「preload」前のページ

Illustratorで、かわいいガーリーなイメージの作り方次のページ

関連記事

  1. Multi-level push menu
  2. Squishy

    JavaScript

    テキストをコンテナに合わせて自動でサイズ変更してくれるjQueryプラグイン「Squishy」

    SquishyというjQueryプラグインを使えばテキストをコンテナに…

  3. h5Validate

    JavaScript

    HTML5のフォームバリデーションを実装できるjQueryプラグイン「h5Validate」

    h5ValidateはHTML5によるフォームバリデーションを実装する…

  4. Zoomerang.js
  5. jQuery Pit-scheduler v2.0
  6. Animsition

最近の記事

  1. 長十郎
  2. COMOLI シルクネルシャツ
  3. WiMAX
  4. 甘柿
PAGE TOP