stickyTableColumns

JavaScript

水平(左右)にスライドできるテーブル実装「stickyTableColumns」

stickyTableColumnsは、データ量の多い表をページで表現する際にとても便利なjQueryプラグインです。表を「table」タグで作成したときに、その表の枠の幅を固定させ、表示可能領域以外の部分は水平(左右)にスライドすることで見ることができます。また、スライドバーも表の下部に表示されます。表をWEBページで表現すると、内容が分かりやすいうえに、単に目立たせる役割も果たしてくれます。それでは、このプラグインの詳細を見ていきましょう。

stickyTableColumns

デモ

まず、stickyTableColumnsの使用には、jQueryの読み込みが必要です。その上で、stickyTableColumnsのファイルを読み込みます。

$('table').stickyTableColumns();

固定させたい列の数を指定します。常に表示させたい項目などの列があれば、その表示は固定することができます。

$('table').stickyTableColumns({ columns: 2 });

たったこれだけです。とても簡単ですよね。複雑な記述は一切ありませんので、初めて使用する方でも安心して使用できると思います。また応用編として、スライドバーをフラットなデザインにしたり、丸みをもたせたりしてみると、さらに洗練されたデザインになると思います。

stickyTableColumns

関連記事

  1. Sliiide

    JavaScript

    シンプルなスライディングメニューを実装できる「Sliiide」

    Sliiideはシンプルなスライディングメニューを実装することができる…

  2. Vide

    JavaScript

    背景にvideoを表示できるjQueryプラグイン「Vide」

    VideというjQueryプラグインを使えば、Webサイトの背景にvi…

  3. footerMenu

    JavaScript

    スクロールでフッターメニューを表示させる「footerMenu」

    footerMenuはスクロールするとフッターメニューを表示させること…

  4. crossfade.js

    JavaScript

    スクロールで画像をクロスフェードできるjQueryプラグイン「crossfade.js」

    crossfade.jsというjQueryプラグインを使えば、スクロー…

  5. xGallerify

    JavaScript

    サイズが異なる画像でもキレイに表示できるギャラリー実装「xGallerify」

    xGallerifyはギャラリーを作成するのに最適なjQueryプラグ…

  6. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryのマウス操作のイベントをまとめてみる

    マウス操作に関するイベントをまとめてみました。まとめたイベントはmou…

最近の記事

  1. Anker PowerPort Atom PD 4
  2. USB-2H401BKN
  3. Dyson Pure Cool Me
  4. ルック セレクション

アーカイブ

PAGE TOP