stickyTableColumns

JavaScript

水平(左右)にスライドできるテーブル実装「stickyTableColumns」

stickyTableColumnsは、データ量の多い表をページで表現する際にとても便利なjQueryプラグインです。表を「table」タグで作成したときに、その表の枠の幅を固定させ、表示可能領域以外の部分は水平(左右)にスライドすることで見ることができます。また、スライドバーも表の下部に表示されます。表をWEBページで表現すると、内容が分かりやすいうえに、単に目立たせる役割も果たしてくれます。それでは、このプラグインの詳細を見ていきましょう。

stickyTableColumns

デモ

まず、stickyTableColumnsの使用には、jQueryの読み込みが必要です。その上で、stickyTableColumnsのファイルを読み込みます。

$('table').stickyTableColumns();

固定させたい列の数を指定します。常に表示させたい項目などの列があれば、その表示は固定することができます。

$('table').stickyTableColumns({ columns: 2 });

たったこれだけです。とても簡単ですよね。複雑な記述は一切ありませんので、初めて使用する方でも安心して使用できると思います。また応用編として、スライドバーをフラットなデザインにしたり、丸みをもたせたりしてみると、さらに洗練されたデザインになると思います。

stickyTableColumns

関連記事

  1. Parazoom

    JavaScript

    クールに拡大・チルトする画像ズーム「Parazoom」

    Parazoomはクールに拡大・チルトする画像ズーム機能を実装できるj…

  2. FlexSlider

    JavaScript

    jQueryプラグインのレスポンシブな軽量スライダー「FLEXSLIDER」の使い方や設定方法

    すごくいいですね、これ。スマートフォンにも対応させたいスライダーを探し…

  3. Validatr

    JavaScript

    HTML5のinput属性による検証ができるフォーム実装「Validatr」

    Validatrは、HTML5のinput属性を用いて検証できるさまざ…

  4. Responsive Parallax Drag-slider With Transparent Letters
  5. Auto-Text-Scroll

    JavaScript

    自動でテキストが垂直にスクロールしていく「Auto-Text-Scroll」

    Auto-Text-Scrollは自動でテキストが垂直でスクロールして…

  6. no-image

    JavaScript

    背景にSVGによるライン(線)をランダムで生成する「ckLine.js」

    ckLine.jsは背景にSVGによるライン(線)をランダムで生成する…

最近の記事

  1. USB-2H401BKN
  2. Dyson Pure Cool Me
  3. ルック セレクション
  4. シルキーウインドモバイル

アーカイブ

PAGE TOP