Shave

JavaScript

設定した高さに基づいて複数行のテキストを切り取る「Shave」

Shaveは設定した最大の高さに基づいてHTML要素内に収まるように複数行のテキストを切り取ることができるJSプラグインです。ファイル容量が軽量なうえに、ほかのライブラリなどに依存することなく使えるのがいいですね。

Shave

Shave

デモでは「TRUNCATE TEXT」というボタンをクリックすると、その下に表示されているテキストの一部が切り取られます。あらかじめ設定してあるHTML要素の高さにあわせてカットされるので、レイアウトを細かく管理したい人にもうれしい仕様ですね。

また、ファイル容量もmin版でなくても〜1.5kbと非常に軽量に仕上がっているところもグッドです。使い方もシンプルなので、手軽に利用できるのではないでしょうか。

というわけで、設定した最大の高さに基づいて複数行のテキストを切り取ってくれる「Shave」のご紹介でした。

hopWebページ上の好きな場所をハイライトできる「hop」前のページ

スクロール時にアニメーションするjQueryプラグイン「Scrolla」次のページScrolla

関連記事

  1. desoSlide

    JavaScript

    サムネイル付きのナビが素敵なスライダーを実装できるjQueryプラグイン「desoSlide」

    desoSlideというjQueryプラグインを使えば、サムネイル付き…

  2. bcralnit.js
  3. no-image

    JavaScript

    水平スクロールでテキストが流れていくマーキー実装「hMarquee」

    hMarqueeは、水平スクロールでテキストが滑らかに流れていくマーキ…

  4. Animated Toggle Menu
  5. JavaScript

    タッチ、フリック、レスポンシブ対応のスライダーギャラリー「Flickity」

    Flickityはスマフォやタブレットに最適なタッチやフリック、または…

  6. Sticky Slider Navigation(Responsive)

最近の記事

  1. EOS R6
  2. EOS R5
  3. Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C PDメディアハブ

アーカイブ

PAGE TOP