Shave

JavaScript

設定した高さに基づいて複数行のテキストを切り取る「Shave」

Shaveは設定した最大の高さに基づいてHTML要素内に収まるように複数行のテキストを切り取ることができるJSプラグインです。ファイル容量が軽量なうえに、ほかのライブラリなどに依存することなく使えるのがいいですね。

Shave

Shave

デモでは「TRUNCATE TEXT」というボタンをクリックすると、その下に表示されているテキストの一部が切り取られます。あらかじめ設定してあるHTML要素の高さにあわせてカットされるので、レイアウトを細かく管理したい人にもうれしい仕様ですね。

また、ファイル容量もmin版でなくても〜1.5kbと非常に軽量に仕上がっているところもグッドです。使い方もシンプルなので、手軽に利用できるのではないでしょうか。

というわけで、設定した最大の高さに基づいて複数行のテキストを切り取ってくれる「Shave」のご紹介でした。

hopWebページ上の好きな場所をハイライトできる「hop」前のページ

スクロール時にアニメーションするjQueryプラグイン「Scrolla」次のページScrolla

関連記事

  1. Bar Indicator

    JavaScript

    数値をインジケーターで見やすく表示できる「Bar Indicator」

    Bar Indicatorは数値をインジケーターで表示させることができ…

  2. JavaScript

    JavaScriptのlocation.searchでクエリ情報を取得してみる

    JavaScriptで、現在のページのクエリ情報(URLの末尾にある「…

  3. stickyNavbar.js
  4. plusGallery

    JavaScript

    Google+のような画像ギャラリーを実装できる「plusGallery」

    plusGalleryはGoogle+のような画像ギャラリーを実装する…

  5. Starfield

    JavaScript

    宇宙空間を移動するような背景アニメーションを実装できる「Starfield」

    Starfieldは宇宙空間を移動するような背景アニメーションを実装す…

  6. MediumLightbox

    JavaScript

    Mediumライクな画像ズームを実装できる「MediumLightbox」

    シンプルでエレガントな画像ズーム機能をwebサイトに実装できる「Med…

最近の記事

  1. Apple WatchでのMacロック解除を無効
  2. オータムスイートポテトフラペチーノ
  3. 紅葉
  4. ナノケア EH-NA0E
  5. スターバックス コロンビア サンタンデール

アーカイブ

PAGE TOP