Shave

JavaScript

設定した高さに基づいて複数行のテキストを切り取る「Shave」

Shaveは設定した最大の高さに基づいてHTML要素内に収まるように複数行のテキストを切り取ることができるJSプラグインです。ファイル容量が軽量なうえに、ほかのライブラリなどに依存することなく使えるのがいいですね。

Shave

Shave

デモでは「TRUNCATE TEXT」というボタンをクリックすると、その下に表示されているテキストの一部が切り取られます。あらかじめ設定してあるHTML要素の高さにあわせてカットされるので、レイアウトを細かく管理したい人にもうれしい仕様ですね。

また、ファイル容量もmin版でなくても〜1.5kbと非常に軽量に仕上がっているところもグッドです。使い方もシンプルなので、手軽に利用できるのではないでしょうか。

というわけで、設定した最大の高さに基づいて複数行のテキストを切り取ってくれる「Shave」のご紹介でした。

関連記事

  1. CSS Jquery Pie Countdown Timer

    JavaScript

    グラデーションが美しい円形カウントダウン「CSS Jquery Pie Countdown Time…

    円形によるカウントダウンのタイマーを実装する「CSS Jquery P…

  2. JavaScript

    リスト化したテキストを円になるように配置してくれるjQueryプラグイン「Extremes」

    ちょっと面白そうだったので使ってみました。リスト化した各テキストを円を…

  3. no-image

    JavaScript

    Bootstrap 4を使ったステッパープラグイン「bs-stepper」

    bs-stepperはBootstrap 4を使ったステッパーを実装で…

  4. jQuery Modal

    JavaScript

    シンプルでレスポンシブなモーダルボックス「jQuery Modal」

    jQuery Modalはシンプルでレスポンシブに対応したモーダルボッ…

  5. quick-select

    JavaScript

    素早く簡単に選択できるセレクトボックス「quick-select」

    quick-selectは素早く簡単に選択可能なセレクトボックスを実装…

  6. PIGNOSE Calendar

    JavaScript

    美しくてシンプルに使えるデートピッカー実装「PIGNOSE Calendar」

    PIGNOSE Calendarは、美しくてシンプルな操作性によるデー…

最近の記事

  1. ブラジルイパネマ
  2. 梅しば
  3. BM-IBCDH13RD
  4. 雪
  5. ホットのドリップ

アーカイブ

PAGE TOP