Shave

JavaScript

設定した高さに基づいて複数行のテキストを切り取る「Shave」

Shaveは設定した最大の高さに基づいてHTML要素内に収まるように複数行のテキストを切り取ることができるJSプラグインです。ファイル容量が軽量なうえに、ほかのライブラリなどに依存することなく使えるのがいいですね。

Shave

Shave

デモでは「TRUNCATE TEXT」というボタンをクリックすると、その下に表示されているテキストの一部が切り取られます。あらかじめ設定してあるHTML要素の高さにあわせてカットされるので、レイアウトを細かく管理したい人にもうれしい仕様ですね。

また、ファイル容量もmin版でなくても〜1.5kbと非常に軽量に仕上がっているところもグッドです。使い方もシンプルなので、手軽に利用できるのではないでしょうか。

というわけで、設定した最大の高さに基づいて複数行のテキストを切り取ってくれる「Shave」のご紹介でした。

hopWebページ上の好きな場所をハイライトできる「hop」前のページ

スクロール時にアニメーションするjQueryプラグイン「Scrolla」次のページScrolla

関連記事

  1. CircularLoader.js

    JavaScript

    シンプルな円形プログレスバーを簡単に実装できる「CircularLoader.js」

    CircularLoader.jsは円形プログレスバーを簡単に実装する…

  2. marginotes

    JavaScript

    テキストの余白に注釈をつけて読みやすい記事をつくれる「marginotes」

    marginotesは、クールなマージンノートを作成するjQueryプ…

  3. JavaScript

    画像を素敵なアニメーションで次々に表示させるjQueryのイメージギャラリー「Heap Shot」

    とても素敵な画像の見せ方だったのでご紹介します。jQueryプラグイン…

  4. jQuery Pit-scheduler v2.0
  5. SWAPMYLI

    JavaScript

    スライドが切り替わるタイミングも分かりやすく表示させるギャラリーを実装できるjQueryプラグイン「…

    シンプルでよさそうだったのでメモしときます。スライドが切り替わるタイミ…

  6. Multi-Screen.js

最近の記事

  1. 梅
  2. CAR-HLD12BK
  3. OWL-LPB6701LA

アーカイブ

PAGE TOP