Shave

JavaScript

設定した高さに基づいて複数行のテキストを切り取る「Shave」

Shaveは設定した最大の高さに基づいてHTML要素内に収まるように複数行のテキストを切り取ることができるJSプラグインです。ファイル容量が軽量なうえに、ほかのライブラリなどに依存することなく使えるのがいいですね。

Shave

Shave

デモでは「TRUNCATE TEXT」というボタンをクリックすると、その下に表示されているテキストの一部が切り取られます。あらかじめ設定してあるHTML要素の高さにあわせてカットされるので、レイアウトを細かく管理したい人にもうれしい仕様ですね。

また、ファイル容量もmin版でなくても〜1.5kbと非常に軽量に仕上がっているところもグッドです。使い方もシンプルなので、手軽に利用できるのではないでしょうか。

というわけで、設定した最大の高さに基づいて複数行のテキストを切り取ってくれる「Shave」のご紹介でした。

関連記事

  1. xGallerify

    JavaScript

    サイズが異なる画像でもキレイに表示できるギャラリー実装「xGallerify」

    xGallerifyはギャラリーを作成するのに最適なjQueryプラグ…

  2. Bootstrap Carousel Touch Slider with Text Animation
  3. no-image

    JavaScript

    アクセシブルなビフォーアフター画像を実装できる「BeerSlider」

    BeerSliderはVanilla JSによるアクセシブルなビフォー…

  4. jQuery Flip-Quote
  5. HTML5 Sortable

    JavaScript

    リストをドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQueryプラグイン「HTML5 So…

    リスト化した要素をドラッグ&ドロップで並べ替えることができるjQuer…

  6. jquery.horizonScroll.js

最近の記事

  1. EH-NA0B
  2. KPS-88
  3. Happy Plugs AIR1
  4. cheero Stream 10000mAh
  5. BOSE HOME SPEAKER 300

アーカイブ

PAGE TOP