Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

関連記事

  1. Uglipop.js

    JavaScript

    軽量でミニマルなモーダルボックスを実装できる「Uglipop.js」

    Uglipop.jsは軽量でミニマル、カスタマイズ性にも優れたモーダル…

  2. JavaScript

    1つのテキストリンクから複数のリンク先が表示される「μllinx」

    μllinx(mullinx)は1つのテキストリンクから複数のリンク先…

  3. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQuery(JavaScript)で指定した要素の子要素数や最大文字数を配列内から取得する

    jQueryで指定した要素の子要素の数やその文字数、文字なんかを配列に…

  4. jTableScroll

    JavaScript

    ヘッダーとフッターを固定したままスクロール可能なテーブル「jTableScroll」

    jTableScrollはヘッダーとフッターを固定したままスクロール…

  5. jquery-time-slider

    JavaScript

    時間と日付を選択できる「jquery-time-slider」

    jquery-time-sliderは時間と日付を選択できるjQuer…

  6. NavSync

    JavaScript

    ナビゲーションとコンテンツが連動するjQueryプラグイン「NavSync」

    NavSyncはナビゲーションとコンテンツが連動してアニメーションする…

最近の記事

  1. Happy Plugs AIR1
  2. cheero Stream 10000mAh
  3. BOSE HOME SPEAKER 300
  4. RP-PC112
  5. SRS-XB402M

アーカイブ

PAGE TOP