Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

レスポンシブ対応ギャラリーのWordPressプラグイン「Lightbox Slider Gallery」前のページ

画像を360度回転させて見せることができるjQueryプラグイン「Rollerblade.js」次のページRollerblade.js

関連記事

  1. JavaScript

    巻き簾のようにメニューを開閉するアニメーションを実装できるjQueryプラグイン「Makisu」

    巻き簾のようにリスト化した要素を1つずつ開いていったり閉じていったりで…

  2. cubeTransition.js

    JavaScript

    3Dキューブのようなスライダーを実装できる「cubeTransition.js」

    cubeTransition.jsは、CSS 3DトランスフォームとC…

  3. jQuery Glow
  4. jQuery Social Share Bar
  5. no-image

    JavaScript

    あらかじめ設定したリストなどから複数タグを選択できる「Tokenize2」

    Tokenize2は、あらかじめ設定したリストやAjaxから複数のタグ…

  6. JavaScript

    多層に重なり合う美しいグラデーションの背景を実装できるjQueryプラグイン「SHARDS」

    多層に重なり合う美しいグラデーションの背景を実装できるjQueryプラ…

最近の記事

  1. 200-DGBG020
  2. Anker PowerPort 5-in-1 37.5W Hub
  3. α7C + FE28-60mm F4-5.6
  4. Apple Watch Series 6

アーカイブ

PAGE TOP