Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

関連記事

  1. Stretchy Navigation

    JavaScript

    ナビゲーションメニューが伸び縮みする「Stretchy Navigation」

    Stretchy Navigationはクリック、タップをすることで伸…

  2. JavaScript

    ニュースやお知らせなどに使えるティッカー「jQuery WebTicker」

    ニュースやお知らせなんかに使えるティッカー「jQuery WebTic…

  3. gridstack.js

    JavaScript

    ウィジェットレイアウトを作成できるjQueryプラグイン「gridstack.js」

    gridstack.jsはドラッグ&ドロップでウィジェットレイアウトを…

  4. Lightbox

    JavaScript

    jQuery依存なしのシンプルなライトボックス機能を実装できる「Lightbox」

    LightboxはjQueryに依存することなくシンプルなライトボック…

  5. jQuery Section Navi Plugin
  6. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryのeachと$.eachの簡単な使い方のメモ

    jQueryのeachと$.eachの使い方のメモです。あんまり深い知…

最近の記事

  1. スタバのドリップのホットのショート
  2. LE エルイー 6 PANEL CAP
  3. タリーズ ハウスブレンド
  4. BAG-TW1BKシリーズ

アーカイブ

PAGE TOP