Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

レスポンシブ対応ギャラリーのWordPressプラグイン「Lightbox Slider Gallery」前のページ

画像を360度回転させて見せることができるjQueryプラグイン「Rollerblade.js」次のページRollerblade.js

関連記事

  1. Stackbox.js

    JavaScript

    プルプル震えるモーダルボックスを実装できるjQueryプラグイン「Stackbox.js」

    Stackbox.jsというjQueryプラグインを使えば、プルプル震…

  2. Micromodal.js

    JavaScript

    アクセシブルで軽量なモーダルダイアログを実装できる「Micromodal.js」

    Micromodal.jsは、アクセシブルでファイル容量も軽量なモーダ…

  3. Radial Progress Bars

    JavaScript

    アニメーション付きのサークルプログレスバー「Radial Progress Bars」

    Radial Progress Barsは、アニメーション付きのサーク…

  4. jQuery liMarquee
  5. NO IMAGE
  6. FitText

    JavaScript

    テキストサイズをブラウザ幅の大きさに自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」

    可変するブラウザ幅にテキストサイズを自動で合わせてくれるjQueryプ…

最近の記事

  1. 長十郎
  2. COMOLI シルクネルシャツ
  3. WiMAX
  4. 甘柿
PAGE TOP