Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

レスポンシブ対応ギャラリーのWordPressプラグイン「Lightbox Slider Gallery」前のページ

画像を360度回転させて見せることができるjQueryプラグイン「Rollerblade.js」次のページRollerblade.js

関連記事

  1. no-image
  2. anchor.js

    JavaScript

    ページ内リンクをスムーズにスクロール移動できるjQueryプラグイン「anchor.js」

    anchor.jsはページ内リンクをスムーズなスクロールで移動すること…

  3. simpleSlideShow

    JavaScript

    カスタマイズしやすいシンプル・軽量なスライドショー「simpleSlideShow」

    simpleSlideShowは、シンプルで軽量なスライドショーを実装…

  4. textwriteout

    JavaScript

    テキストの書き出し・削減ができるjQueryプラグイン「textwriteout」

    textwriteoutは指定したテキストを書き出したり削減したりでき…

  5. jQuery Autocompleter

    JavaScript

    カスタマイズ性に優れたサジェスト機能を実装できる「jQuery Autocompleter」

    jQuery Autocompleterはカスタマイズ性に優れたサジェ…

  6. jQuery Smart Placeholder

最近の記事

  1. そそそ 明太クリームそうめん
  2. すしざんまい
  3. 蒼龍唐玉堂 特製牛バラ担々麺
  4. サーモンアボカドサラダラップとドリップ
  5. 猿田彦フレンチ

アーカイブ

PAGE TOP