Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

レスポンシブ対応ギャラリーのWordPressプラグイン「Lightbox Slider Gallery」前のページ

画像を360度回転させて見せることができるjQueryプラグイン「Rollerblade.js」次のページRollerblade.js

関連記事

  1. no-image

    JavaScript

    依存関係のないタグ付け機能を実装できる「taggle.js」

    taggle.jsは依存関係のないタグ付け機能を実装できるのが特徴です…

  2. Images grid

    JavaScript

    画像のグリッドレイアウトを製作できるjQueryプラグイン「Images grid」

    Images gridは画像のグリッドレイアウトを製作するためのシンプ…

  3. JavaScript

    レスポンシブ対応で画像やテキストも自由にスライドできるjQueryスライダー「Responsly.j…

    スマホにも対応したレスポンシブのjQueryスライダー「Respons…

  4. no-image
  5. jQuery-ResizableColumns

    JavaScript

    テーブルのカラムをリサイズできる「jQuery-ResizableColumns」

    jQuery-ResizableColumnsは、テーブルのカラムをリ…

  6. socialShare.js

最近の記事

  1. ハムエッグホットサンドとドリップコーヒー
  2. 高輪ゲートウェイ駅のスタバ
  3. 新幹線
  4. リッチモンドホテル
  5. ハーブバターチキン 石窯フィローネとドリップコーヒー

アーカイブ

PAGE TOP