Kontext

JavaScript

iOSの画面切り替えのようなスライドができるJavaScript「Kontext」

KontextというJavaScriptを使えばiOSの画面切り替えのようなエフェクトのスライド機能を実装することができます。CSSのトランスフォームとアニメーションを活用した3Dの動きがすごくいい感じですね。ダイナミックに画面をスライドで切り替えたい時に役立ちそうです。

[ads_center]

Kontext

Kontext

Kontext

デモをPCで閲覧した場合、下部にあるドットナビゲーションの他に、キーボードの矢印キーでもスライドを切り替えることができます。

iPhoneのように立体的に画面が切り替わっていくので、3Dのスライダーを実装したい時に覚えておきたいJSですね。

jQueryなどを使わなくても実装できる辺りがいいと思います。

関連記事

  1. floatThead

    JavaScript

    テーブルのヘッダーを固定できるjQueryプラグイン「floatThead」

    floatTheadはテーブルのヘッダーを固定することができるjQue…

  2. Siema

    JavaScript

    軽量でシンプルで依存性のないカルーセルを実装できる「Siema」

    Siemaは軽量でシンプル、そしてjQueryなどの依存性のないカルー…

  3. JavaScript

    jQueryで好きな要素を浮遊させることができるプラグイン「jqFloat」を使ってみた

    指定した要素をフワフワと浮遊させることができる面白いプラグインを使って…

  4. Docked Link jQuery Plugin
  5. How satisfied are you? Slider
  6. Block Slide

    JavaScript

    jQueryプラグインで印象的なエフェクトで魅せるモーダルウィンドウ「Block Slide」

    Block SlideというjQueryプラグインを使えば印象的なエフ…

最近の記事

  1. 梅しば
  2. BM-IBCDH13RD
  3. 雪
  4. ホットのドリップ
  5. めんたいこ&チーズ味 海老せんべい

アーカイブ

PAGE TOP