jQuery Section Navi Plugin

JavaScript

セクション単位でアップダウンできる「jQuery Section Navi Plugin」

jQuery Section Navi Pluginは、コンテンツのセクション単位でアップダウンできるボタンを実装できるjQueryプラグインです。縦長ページなどで、区切りよくコンテンツを読み進めていきたい時なんかに便利ですね。

jQuery Section Navi Plugin

デモ

デモではセクションごとにコンテンツが縦に並べられていて、画面右下には「Down」と書かれたボタンが表示されています。ちなみに大きい画面でコンテンツが下まで見えている状態ではボタンが表示されないので、その場合は画面の横幅を縮小することでボタンが表示されるかと思います。

Downボタンをクリックすると、セクション単位でスクロールされます。下へスクロールされると「Down」の他に「Up」というボタンも表示されます。Down/Upボタンからセクション単位でサクサクと移動できるので、効率的に目的のコンテンツの始まりの位置へ移動できますね。

ちなみにスクロール移動されるスピードなどはオプションから調節できます。用意されているオプション項目は、buttonUp、buttonDown、offset、speed、hideButtons、speedHideBtn、ignoreFirst、useEmptyです。

というわけで、セクション単位でスクロール移動するアップダウンボタンを実装できるjQueryプラグイン「jQuery Section Navi Plugin」の紹介でした。

jQuery Section Navi Plugin

no-imageシンプル・軽量なjQueryイメージビューア「WimmViewer」前のページ

レスポンシブ対応の年ベースによるjQueryタイムライン「Timeliny」次のページTimeliny

関連記事

  1. FakeLoader.js

    JavaScript

    フルスクリーンでカッコいいローディングアニメーション・FakeLoader.js

    FakeLoader.jsはフルスクリーンでカッコいいローディングアニ…

  2. no-image

    JavaScript

    円形に広がるメニュー実装「expanding action button」

    expanding action buttonは円形に広がるメニューを…

  3. no-image

    JavaScript

    コンテナのサイズに合わせて要素を動的に拡大・縮小できる「Scalable」

    Scalableは、コンテナ領域内にある要素をコンテナのサイズに合わせ…

  4. waslidemenu
  5. Data Img

    JavaScript

    ブラウザ幅に応じて画像を切り替えれるレスポンシブ対応のjQueryプラグイン「Data Img」

    Data Imgはブラウザ幅に応じて最適なサイズの画像を切り替えて表示…

最近の記事

  1. 梅
  2. CAR-HLD12BK
  3. OWL-LPB6701LA

アーカイブ

PAGE TOP