respontent

JavaScript

様々なコンテンツをレスポンシブにしてくれるjQueryプラグイン「respontent」

respontentというjQueryプラグインを使えば、画像・YouTube動画・テーブル・Googleマップといった様々なコンテンツをレスポンシブにすることができます。部分的に指定した要素をレスポンシブにしたいといった時に活用できますね。

[ads_center]

respontent

実際のデモは以下になります。

respontent

デモ

各コンテンツが左右に分けられており、左側がレスポンシブ付きで右側がレスポンシブなしのバージョンになっています。

真ん中から左右にサイズ変更することができるので、試しに左側を縮小させてみると、このようにレスポンシブ対応になっていることが確認できます。

respontent

応用次第でコンテンツの利便性も高まりそうですね。

例えば、Googleマップなんかは1つを詳細地図で固定化しておき、もう1つをレスポンシブ化させて広域表示させておくといったこともできそうです。

respontent

関連記事

  1. no-image

    JavaScript

    指定したテキストをハイライトとタイピング効果で表示できる「typeLighter.js」

    typeLighter.jsは、指定したテキストをハイライトとタイピン…

  2. jCorner

    JavaScript

    フラットデザインに合う紙をめくったエフェクトを実装できるjQueryプラグイン「jCorner」

    jCornerというjQueryプラグインを使ってみました。フラットデ…

  3. Tagify

    JavaScript

    Vanilla JSを用いた軽量のタグ入力機能を実装できる「Tagify」

    TagifyはVanilla JSを用いた軽量のタグ入力機能を実装でき…

  4. jQuery Responsive Tabs
  5. PhotoJShop

    JavaScript

    写真にエフェクトやフィルタをかけることができるjQueryプラグイン「PhotoJShop」

    PhotoJShopというjQueryプラグインを使えば、写真にエフェ…

  6. linkunderline

    JavaScript

    テキストリンクにアンダーラインのアニメーションを実装できる「linkunderline」

    linkunderlineは、テキストリンクにアンダーラインを引くアニ…

最近の記事

  1. スタバのドリップのホットのショート
  2. LE エルイー 6 PANEL CAP
  3. タリーズ ハウスブレンド
  4. BAG-TW1BKシリーズ

アーカイブ

PAGE TOP