respontent

JavaScript

様々なコンテンツをレスポンシブにしてくれるjQueryプラグイン「respontent」

respontentというjQueryプラグインを使えば、画像・YouTube動画・テーブル・Googleマップといった様々なコンテンツをレスポンシブにすることができます。部分的に指定した要素をレスポンシブにしたいといった時に活用できますね。

[ads_center]

respontent

実際のデモは以下になります。

respontent

デモ

各コンテンツが左右に分けられており、左側がレスポンシブ付きで右側がレスポンシブなしのバージョンになっています。

真ん中から左右にサイズ変更することができるので、試しに左側を縮小させてみると、このようにレスポンシブ対応になっていることが確認できます。

respontent

応用次第でコンテンツの利便性も高まりそうですね。

例えば、Googleマップなんかは1つを詳細地図で固定化しておき、もう1つをレスポンシブ化させて広域表示させておくといったこともできそうです。

respontent

テキストエディットで標準サイズに戻すやり方Macのテキストエディットで文字サイズを標準に戻すショートカットキーのやり方前のページ

JSのアラートやダイアログを美しいデザインにできるjQueryプラグイン「SweetAlert」次のページSweetAlert

関連記事

  1. AOS

    JavaScript

    スクロールに合わせていろんなアニメーションで表示できる「AOS」

    AOSはスクロールに合わせてフェードやフリップ、ズームなどのアニメーシ…

  2. JavaScript

    画像をボックス単位に分割してスライドさせていくjQueryプラグイン「Maskify Slider」…

    とてもお洒落なjQueryのイメージスライダーがあったのでご紹介します…

  3. Rythim.js

    JavaScript

    音楽のリズムに合わせてボタンなどに躍動感を与える「Rythim.js」

    Rythm.jsは、あなたのホームページに躍動感を与えてくれるjsライ…

  4. Enllax.js

    JavaScript

    軽量で簡単なパララックスを実装できるjQueryプラグイン「Enllax.js」

    Enllax.jsは軽量で使い方も簡単なパララックスエフェクトを実装す…

  5. Fly to

    JavaScript

    カートに入れた際に飛んでいくエフェクトのjQueryプラグイン「Fly to」

    Fly toは商品をカートに入れた際にカートまで飛んでいくエフェクトを…

  6. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQuery(JavaScript)で指定した要素の子要素数や最大文字数を配列内から取得する

    jQueryで指定した要素の子要素の数やその文字数、文字なんかを配列に…

最近の記事

  1. 梅
  2. CAR-HLD12BK
  3. OWL-LPB6701LA

アーカイブ

PAGE TOP