respontent

JavaScript

様々なコンテンツをレスポンシブにしてくれるjQueryプラグイン「respontent」

respontentというjQueryプラグインを使えば、画像・YouTube動画・テーブル・Googleマップといった様々なコンテンツをレスポンシブにすることができます。部分的に指定した要素をレスポンシブにしたいといった時に活用できますね。

[ads_center]

respontent

実際のデモは以下になります。

respontent

デモ

各コンテンツが左右に分けられており、左側がレスポンシブ付きで右側がレスポンシブなしのバージョンになっています。

真ん中から左右にサイズ変更することができるので、試しに左側を縮小させてみると、このようにレスポンシブ対応になっていることが確認できます。

respontent

応用次第でコンテンツの利便性も高まりそうですね。

例えば、Googleマップなんかは1つを詳細地図で固定化しておき、もう1つをレスポンシブ化させて広域表示させておくといったこともできそうです。

respontent

テキストエディットで標準サイズに戻すやり方Macのテキストエディットで文字サイズを標準に戻すショートカットキーのやり方前のページ

JSのアラートやダイアログを美しいデザインにできるjQueryプラグイン「SweetAlert」次のページSweetAlert

関連記事

  1. slideSpeed

    JavaScript

    スライドアップ・ダウンを設定された速度で制御できる「slideSpeed」

    slideSpeedは、特定の要素のスライドアップ・スライドダウンを設…

  2. Amigo Sorter Plugin

    JavaScript

    タッチ対応で直感的に並べ替えできるjQueryプラグイン「Amigo Sorter Plugin」

    Amigo Sorter Pluginは、タッチ対応で直感的にリスト項…

  3. Combodate

    JavaScript

    日付や時間をドロップダウン式にしてくれる「Combodate」

    Combodateは日付や時間の入力をドロップダウン式に置き換えてくれ…

  4. no-image

    JavaScript

    グリッドレイアウトによるシンプルで軽量なギャラリー「Grid Gallery」

    Grid Galleryはグリッドレイアウトによるシンプルで軽量なイメ…

  5. Tikslus Carousel

最近の記事

  1. エチオピア
  2. 紗々 飴色和栗
  3. DCG-CA21
  4. Apple WatchでのMacロック解除を無効
  5. オータムスイートポテトフラペチーノ

アーカイブ

PAGE TOP