no-image

JavaScript

ビューポートやコンテナ幅をベースに異なるサイズの画像を読み込める「jQuery Responsive Image Plugin」

jQuery Responsive Image Pluginは、ビューポートやコンテナ幅をベースに、サイズの異なる画像を読み込むことができるjQueryプラグインです。それぞれの環境に合わせた最適なサイズの画像を設定することが可能です。

jQuery Responsive Image Plugin

デモ

デモでは、ビューポートをベースにしたものやコンテナの幅をベースにしたものなどが用意されています。ブラウザ幅を縮小・拡大すると、それに合わせて読み込む(表示される)画像が切り替わるのを確認できるかと思います。

無駄に容量の大きい画像を読み込んだりしなくても済むので、画像をたくさん使ったサイトなんかにはとても最適な機能ですね。data-min-widthという属性を用いて、ブレイクポイントを設定できるようになっています。

オプションには、source、container、resizeEvent、minWidthDefault、maxWidthDefault、minDprDefault、attributes、preload、autoDpr、onGetWidth、onLoadSourcesが用意されているほか、イベントもいくつか設定できます。

というわけで、ビューポートやコンテナ幅をベースに異なるサイズの画像を読み込みたい人は、ぜひ「jQuery Responsive Image Plugin」を活用されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. Nivo Lightbox

    JavaScript

    Lightbox系のレスポンシブ対応のjQueryプラグイン「Nivo Lightbox」

    シンプルでレスポンシブにも対応しているLightbox系のjQuery…

  2. Pagination.js

    JavaScript

    シンプルでさまざまなカスタマイズが可能な「Pagination.js」

    Pagination.jsはシンプルでさまざまなカスタマイズが可能なペ…

  3. Thumbelina

    JavaScript

    サムネイル画像のギャラリーに最適なコンテンツスライダー「Thumbelina」

    Thumbelinaは、サムネイル画像に最適なコンテンツスライダーを実…

  4. LoadGo

    JavaScript

    画像をプログレスバー(ローディング)にできるjQueryプラグイン「LoadGo」

    LoadGoはサイト内にあるロゴなどといった画像をプログレスバー(ロー…

  5. JavaScript

    とても簡単にクールなドロップダウンを実装できるjQueryプラグイン「DropKick」

    個人的に使いやすそうだったので備忘録です。DropKickというjQu…

  6. no-image

    JavaScript

    多彩なエフェクトを備えたjQueryスライダープラグイン「camera-slider」

    camera-sliderは多彩なエフェクトを備えた美しいスライドショ…

最近の記事

  1. スタンスミス(EDIFICE/IENA別注)
  2. WI-1000XM2
  3. mill オイルヒーター
  4. Anker PowerWave 10 Pad & Stand セット

アーカイブ

PAGE TOP