no-image

JavaScript

ビューポートやコンテナ幅をベースに異なるサイズの画像を読み込める「jQuery Responsive Image Plugin」

jQuery Responsive Image Pluginは、ビューポートやコンテナ幅をベースに、サイズの異なる画像を読み込むことができるjQueryプラグインです。それぞれの環境に合わせた最適なサイズの画像を設定することが可能です。

jQuery Responsive Image Plugin

デモ

デモでは、ビューポートをベースにしたものやコンテナの幅をベースにしたものなどが用意されています。ブラウザ幅を縮小・拡大すると、それに合わせて読み込む(表示される)画像が切り替わるのを確認できるかと思います。

無駄に容量の大きい画像を読み込んだりしなくても済むので、画像をたくさん使ったサイトなんかにはとても最適な機能ですね。data-min-widthという属性を用いて、ブレイクポイントを設定できるようになっています。

オプションには、source、container、resizeEvent、minWidthDefault、maxWidthDefault、minDprDefault、attributes、preload、autoDpr、onGetWidth、onLoadSourcesが用意されているほか、イベントもいくつか設定できます。

というわけで、ビューポートやコンテナ幅をベースに異なるサイズの画像を読み込みたい人は、ぜひ「jQuery Responsive Image Plugin」を活用されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. Bootstrap Dropdown Hover
  2. Glide.js
  3. jQuery Elastic Grid
  4. jQuery Scrollify

    JavaScript

    セクションごとにスクロールしてくれる「jQuery Scrollify」

    jQuery Scrollifyはセクションごとにスクロールしてくれる…

  5. Granim.js

    JavaScript

    流れるように変化するグラデーションのアニメーションを実装できる「Granim.js」

    Granim.jsは美しく変化するグラデーションのアニメーションを実装…

  6. Swipebox

    JavaScript

    スマホやタブレットのスワイプにも対応したLightboxを実装できるjQueryプラグイン「Swip…

    今後かなり需要がありそうなjQueryプラグインがあったので使い方も兼…

最近の記事

  1. Olli
  2. 単語帳メーカー(Flashcard Maker App)
  3. 1Password 7
  4. 風に揺れる草

Facebookページ

PAGE TOP