no-image

JavaScript

ビューポートやコンテナ幅をベースに異なるサイズの画像を読み込める「jQuery Responsive Image Plugin」

jQuery Responsive Image Pluginは、ビューポートやコンテナ幅をベースに、サイズの異なる画像を読み込むことができるjQueryプラグインです。それぞれの環境に合わせた最適なサイズの画像を設定することが可能です。

jQuery Responsive Image Plugin

デモ

デモでは、ビューポートをベースにしたものやコンテナの幅をベースにしたものなどが用意されています。ブラウザ幅を縮小・拡大すると、それに合わせて読み込む(表示される)画像が切り替わるのを確認できるかと思います。

無駄に容量の大きい画像を読み込んだりしなくても済むので、画像をたくさん使ったサイトなんかにはとても最適な機能ですね。data-min-widthという属性を用いて、ブレイクポイントを設定できるようになっています。

オプションには、source、container、resizeEvent、minWidthDefault、maxWidthDefault、minDprDefault、attributes、preload、autoDpr、onGetWidth、onLoadSourcesが用意されているほか、イベントもいくつか設定できます。

というわけで、ビューポートやコンテナ幅をベースに異なるサイズの画像を読み込みたい人は、ぜひ「jQuery Responsive Image Plugin」を活用されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. elmenu

    JavaScript

    レスポンシブ対応で軽量なハンバーガーメニューを実装できる「elmenu」

    elmenuはレスポンシブに対応した軽量のハンバーガーメニューを実装す…

  2. Simple Lightbox
  3. JavaScript

    リスト化した要素を自分が指定した数に分割できるjQueryプラグイン「Easy List Split…

    リスト化した要素を自分が指定した数に分割できるシンプルだけど便利なjQ…

  4. jquery.matchHeight.js
  5. JavaScript

    レスポンシブでカスタマイズ性に優れたカルーセルを実装できるjQueryプラグイン「slick」

    slickというjQueryプラグインを使えば、レスポンシブでカスタマ…

  6. JavaScript

    テキストの一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラグイン「dynamo.js」

    テキストで指定した一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラ…

最近の記事

  1. ワンタッチ着脱フィルターキット
  2. Soundcore Ace A1
  3. cheero USB-C PD Charger 60W
  4. DY-S01

アーカイブ

PAGE TOP