JavaScript

ウェーブ(波形)を簡単に描いてくれるjQueryプラグイン「Wave」

WaveというjQueryプラグインを使ってみました。これを使えばウェーブ(波形)を簡単に描くことができます。オプションを指定することでウェーブの形状を変えることもできます。他にも背景にグリッド線を入れることも可能です。使いどころは限られるかもしれませんが、波形を利用した視覚的効果で伝えたい時なんかに役立ちそうですね。以下は使い方です。

[ads_center]

Waveの使い方

Wave

実際に使用してみると、こんな感じで簡単にウェーブを描くことができます。

使い方は、head内にjQuery本体とダウンロードしたプラグインファイルを読み込みます。

<script src="js/jquery-1.10.2.min.js"></script>
<script src="js/jquery.wave.js"></script>

プラグインを呼び出します。

$(function() {
    $("#wave").wave();
});

HTMLではウェーブが挿入される要素を記述しておきます。

<div id="wave"></div>

とてもシンプルな使い方ですね。

オプション

オプションを指定する場合は以下のように記述します。

$(function() {
    $("#wave").wave({
        width: 800,
        amplitude: 40,
        color: "red",
        phase: -90,
        grid: true
    });
});

gridをtrueにすることで背景にグリッド線を入れることができます。

ということで、他にも色々なオプションが用意されているので詳しく知りたい方は以下からチェックしてみて下さい。

関連記事

  1. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでsetTimeoutを使えば各要素のアニメーションを実行させる時間を調整できる

    jQueryのsetTimeoutを使えば何秒後に実行するかといったこ…

  2. JavaScript

    レスポンシブに対応して画像をポップアップ表示してくれる素敵なjQueryプラグイン「fancyBox…

    とても有名なプラグインですが、今まで使ってみたことがなかったので試して…

  3. percircle

    JavaScript

    カスタマイズもできるパーセンテージのサークル実装「percircle」

    percircleはCSSによるパーセンテージのサークルを実装できるj…

  4. no-image
  5. no-image
  6. Flickerplate

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. OWL-WDDESK01
  2. ワンタッチ着脱フィルターキット
  3. Soundcore Ace A1
  4. cheero USB-C PD Charger 60W

アーカイブ

PAGE TOP