Huebee

JavaScript

オシャレなカラーピッカーを手軽に表示させれる「Huebee」

Huebeeはシンプルでオシャレなカラーピッカーを手軽に表示させることができるJavaScriptライブラリです。1クリックでサクッとカラーピッカーを呼び出すことが可能なので、とても便利です。

Huebee

Huebee

デモではRGB値が書かれたボックスをクリックすると、オシャレなカラーピッカーが表示されるようになっています。

さまざまな色が見やすいようにグリッド状に配置されており、そのなかから自分の好きな色をクリックするだけでカラーを決定することができます。シンプルで見やすいので、じっくりどの色にするか選べるのがいいですね。

また、Huebeeの実装面ではオプションもいろいろ用意されています。主なオプションは、setText、setBGColor、hues、hue0、shades、saturations、customColors、notation、staticOpen、classNameといった項目があります。

各オプションのセッティングにより、自分好みにカスタマイズして使えるところも魅力の一つです。

また、CSSを利用することでカラーピッカー自体のデザインのカスタマイズも可能です。例えば、カラーグリッドのサイズを変更したい場合には、「.huebee_cursor」というクラス名のwidthとheightの値を好きなサイズに設定してあげればOKです。

ほかにも、カラーピッカーの背景カラーを指定したり、ボーダーのデザインを調整したりと、さまざまなデザイン面でのカスタマイズができます。

シンプルなカラーピッカーをサクッと実装するのもよし、自サイトに合わせて細かいデザインまで追い込んでいくのもよし。いろいろと応用の効くカラーピッカーを探している人にはピッタリなJavaScriptライブラリといえそうです。

これからサイト内にカラーピッカーを設置したいと考えている人は、ぜひ「Huebee」を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

というわけで、以上、シンプルでオシャレで手軽に表示させることができるカラーピッカー「Huebee」のご紹介でした。

jQuery Scrollifyセクションごとにスクロールしてくれる「jQuery Scrollify」前のページ

複数の画像を表示したりスライドしたりできるスライダー「miSlider」次のページmiSlider

関連記事

  1. gridslide.js

    JavaScript

    いろんな方向に画像をスライドできるjQueryイメージスライダー「gridslide.js」

    gridslide.jsはいろんな方向に画像をスライドさせることができ…

  2. Circular Slider
  3. Vimeo Carousel Gallery
  4. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryのfocusとblurを使えばフォームが便利になる

    jQueryのfocusとblurを使えばフォームを便利にすることがで…

  5. JavaScript

    フルスクリーンで画像などの要素を表示させることができるJSライブラリ「screenfull.js」

    screenfull.jsは画像などの要素をフルスクリーンで表示させる…

  6. hsimp

    JavaScript

    パスワードの安全性を教えてくれる「hsimp」

    hsimpは、パスワードがどれだけ安全かを判定してくれるスクリプトです…

最近の記事

  1. 200-DGBG020
  2. Anker PowerPort 5-in-1 37.5W Hub
  3. α7C + FE28-60mm F4-5.6
  4. Apple Watch Series 6
  5. iPad Air

アーカイブ

PAGE TOP