jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

JavaScript

jQueryで現在のウィンドウサイズの取得と判定をして処理を変えるやり方

jQueryで現在のウィンドウサイズの取得と判定をして処理を変えるやり方です。レスポンシブWebデザインにも活用できるので覚えておくと役立つかと思います。例えば、画面幅が500px以下の場合にだけ適用したいといったことがjQueryを使えばとても簡単にできるので便利ですね。

width()を使う

ウィンドウサイズを取得するにはwidth()を活用していきます。以下は500px以下の場合、文字が赤に変わる例です。

jQuery

<script>
$(function() {
	var w = $(window).width();
	var x = 500;
	if (w <= x) {
		$('#sample').css({
			color: 'red'
		});
	}
});
</script>

HTML

<p id="sample">サンプル</p>

ただし、これだと画面を読み込んだ時点でのサイズで判定されるので、読み込み後にウィンドウサイズを変更しても変わりません。ちょっと微妙ですね。なのでresize()を使ってリアルタイムで現在のウィンドウサイズを取得していきます。

<script>
$(window).resize(function(){
	var w = $(window).width();
	var x = 500;
	if (w <= x) {
		$('#sample').css({
			color: 'red'
		});
	} else {
		$('#sample').css({
			color: 'black'
		});
	}
});
</script>

これで、ウィンドウサイズが500px以下の場合は文字が赤になり、それ以外は黒になります。読み込んだ後にウィンドウサイズを変更してもリアルタイムで変化していきます。

応用次第で色んなところに活用できますね。

関連記事

  1. trunk8

    JavaScript

    長い(はみ出した)テキストを「・・・」に置き換えてくれるjQueryプラグイン「trunk8」

    長いテキストやはみ出したテキストを「・・・」といった文字に置き換えてく…

  2. Sticky Sidebar

    JavaScript

    スマートでハイパフォーマンスな追尾型サイドバー実装「Sticky Sidebar」

    Sticky Sidebarは、スマートでハイパフォーマンスな追尾型サ…

  3. rpage

    JavaScript

    Bootstrapを使ったレスポンシブなページネーション「rpage」

    rpageはBootstrapを使ったレスポンシブに対応したページネー…

  4. JavaScript

    とてもシンプルで綺麗なツールチップを簡単に実装することができるjQueryプラグイン「gips」

    使いやすさや見た目もシンプルで綺麗なツールチップを実装することができる…

  5. no-image

    JavaScript

    タッチフレンドリーでモバイルでも快適に動作する「simplelightbox」

    simplelightboxはレスポンシブ対応でタッチフレンドリーなl…

  6. Easy Z modal

    JavaScript

    シンプルなモーダルウィンドウ・ダイアログボックスを表示できる「Easy Z modal」

    Easy Z modalはシンプルでダイナミックなモーダルウィンドウ・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ルック セレクション
  2. シルキーウインドモバイル
  3. アリエール パワージェルボール3D
  4. NuAns × Shibaful TAGPLATE

アーカイブ

PAGE TOP