Audero Smoke Effect

JavaScript

スモーク(煙)のエフェクトを実装できるjQueryプラグイン「Audero Smoke Effect」

スモーク(煙)のエフェクトを実装することができるjQueryプラグイン「Audero Smoke Effect」が面白かったのでご紹介します。スモークが「モクッ」と現れて「フワッ」と上昇しながら消えていく珍しいエフェクトです。湯気と煙の2パターンがあるので、こういった雰囲気を伝えたい時なんかに役立ちそうですね。ということで以下は使い方です。

[ads_center]

使い方

jQueryとプラグインを読み込みます。

<script src="jquery.js"></script>
<script src="jquery.auderoSmokeEffect.js"></script>

スモークを出す物の画像を記述します。

<img id="sample" src="images/sample.png" />

あとはプラグインをセットするだけです。

$(window).load(function() {
    $("#sample").auderoSmokeEffect({
        imagePath: "images/smoke.png"
    });
});

オプションも色々と用意されているので、詳しい使い方やダウンロードに関しては以下からどうぞ。

関連記事

  1. Dropit

    JavaScript

    シンプルでフレキシブルなドロップダウンメニュー「Dropit」

    Dropitはシンプルでフレキシブルなドロップダウンメニューを実装でき…

  2. flatpickr

    JavaScript

    超軽量で使い方もカンタンな日付ピッカー「flatpickr」

    flatpickrはjQueryなどのライブラリに依存することなく動作…

  3. Animated Page Transition
  4. FitText

    JavaScript

    テキストサイズをブラウザ幅の大きさに自動で合わせてくれるjQueryプラグイン「FitText」

    可変するブラウザ幅にテキストサイズを自動で合わせてくれるjQueryプ…

  5. JavaScript

    jQueryプラグイン・2014年上半期56選まとめ

    気づいたら2014年も上半期が終わってしまいましたね。そんなわけで、2…

  6. Accessible Dialog

    JavaScript

    ナビゲーションメニューをモーダルダイアログで表示する「Accessible Dialog」

    Accessible Dialogは、ナビゲーションメニューをモーダル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. s9+
  2. SRS-LSR200
  3. QC30
  4. リンツ リンドール

アーカイブ

PAGE TOP