ボヤージュブレンド

買いもの

ボヤージュブレンド

大海原をせっせと漕ぎながらまだ見ぬ未開の地をめざす。そんなロマンあふれるパッケージのイラスト&美しい色彩に引かれて今回はこの「ボヤージュブレンド」というコーヒー豆を購入した。まあでもよく見返したら荷物とか船に積んでる気配もなく、とくに未開の地をめざしているわけではなさそうだ。いちおうバランスを確認してみたところ、酸味とコクともにミディアムでした。僕は中間から苦み寄りがわりと好みなのでこちらのコーヒー豆も期待せずにはいられない。さっそく自宅にもどりネルドリップで淹れてみる。甘みがありどこかナッツのような風味を感じさせるコーヒーです。でも公式サイトにはチョコレートのようななめらかな口あたりと後味にはちみつの甘みを感じるコーヒーだと書かれていた。なるほど、ナッツは僕の気のせいだったか……。あとキャラメルのような後味も感じたんだけど、これも気のせいなんですね。これだけ毎日コーヒーを飲んでいても正確な特徴らしき味を見抜けないのだから、ソムリエのような資質は僕にはきっと皆無なんだろうな。やれやれ。そういえば、ほかにもタンジェリンゼストやマジパンを思わせる風味とも書かれてたんだけど、もはやここまでくると「それ何語?」状態です。しかたなく調べてみたところ、タンジェリンはデコポンの仲間で、ゼストは柑橘類のワックスがけしてない色づいた外皮をこそげとったりしてつくる食材だそうです。またマジパンは砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせた洋菓子とのこと。けして「マジでパンチする」なんて意味ではないのでご安心を(そんなこと誰も思わないか)。さて、では商品名にかかげられた「ボヤージュ(=旅)」とはいったい何を意味するのか? これはおそらく公式サイトに書かれている「大海原を渡って出会った、3つの産地のコーヒーをブレンド」が由来だろう。でもこの3つの産地が公式サイトに明記されてないんだよな。というわけでしかたなく手もとのボヤージュブレンドの裏面を見てみると、生産国名がさりげなく記載されている。ペルー、インドネシア、その他、と。おーい、その他ってなんですか(笑)。しっかりボヤージュしてくれよ。それとも「その他」とは「あなたのご想像にゆだねます」てきな表現だったりするのかな?

プレイリストをつくったり散歩をしたり前のページ

しろいくろの黒豆塩大福とガトーショコラ次のページしろいくろの黒豆塩大福とガトーショコラ

最近の記事

  1. ドリップコーヒー
  2. コールドブリューコーヒー
  3. カマキリ
  4. チキンサブジ
  5. trolox(トロロックス)
PAGE TOP