REACH フロス

買いもの

REACHのフロス

いつもハミガキの前にY字フロスで歯間を掃除してるのだけど、詰めものをしている歯のすきまに入れるときに、入れるときは大丈夫だが抜くときにスムーズに抜けてくれず(引っかかってしまう)すぐに糸がぼろぼろになってしまう(無理やり抜いたあとにね)。そんなわけでY字フロスのもちが悪いし最悪いつか詰めものが引っかかりとともにポロッと取れちゃうんじゃないかという不安要素をかかえたまま毎日を過ごすのも精神衛生上よろしくないと思うので、ここのポイントだけ通常のフロスを使うことにした。なんで通常のフロスかというと歯のすきまに入れたあとにそのまま逆方向に抜かず手前にスルスルスルと引っぱることができるから。このテクニック(と呼んでいいのかわからないけど)よく歯医者のクリーニングでやられるんだよね。たぶん「こいつの歯、フロスがぜんぜん抜けねえや」と心のなかで嘆かれてそうな気がしてならないのだけど(そして僕も「そこの歯、フロスがぜんぜん抜けないんだよな」と心のなかで嘆いている)とにかくそのようにして手こずったあとには必ずこのスルスルスルと糸を手前(顔側)に引っぱって事なきを得ている。僕はこれを初めてやられたときに「そういう回避方法もあるんだなあ」と感心したことを覚えている。それでも自分の歯だから今のいままで微細な角度や力加減でなんとかやり過ごしてきたわけだけど、最近どうも引っかかる率が高くなりここにきてついに限界をむかえてしまったというわけです。さて、通常のフロスを買うためにセブンに足を運んだはいいけれどこれがびっくり売っていない。かわりにY字フロスはいっぱい在庫をかかえていた。一瞬「もしかして通常のフロスはもう古い時代のものになってしまったのではないか」と焦ったりもしたけれど、とりあえずいったん冷静になり店を出て、今度はローソンに行ってみたらふつうに置いてありました。クリニカとREACHの2種類のフロスがならんでいた(GUMはY字のものしかなかった)。どちらにしようか迷ったけどREACHのアメリカっぽい(主観ですが)デザインが好みだったのでこちらをチョイス。ただこれお試しサイズなんだよな……。どうして普通のサイズを置かないんだ。まあでもどうせ使うポイントは一カ所だしお試しサイズとはいえそこそこ長持ちするだろう。それに旅行のときはこのサイズ感がポーチに収納しやすくていいかもしれない。いや、そこまで気にするほどの差はないか……。使用感としてはいつも使っているY字のフロスよりも細くて指に感覚がダイレクトに伝わるため細やかに磨けるのがいい。手間はいくぶん増えたけど詰めものが取れてしまう心配はなくなったからおおむね僕の目的は達成されたといえるだろう。それから通常のフロスを購入するついでに久々に歯間ブラシも購入したんだけど、フロスを使ったあとにこの歯間ブラシで……って話が長くなるからもうやめるか(笑)。歯間ブラシについては気が向いたらまた書くかもしれません。

comoliの空の旅コーデ(GW編)前のページ

麻布十番のスタバであらびきソーセージパイをいただく次のページあらびきソーセージパイ

最近の記事

  1. ウィンターホワイトマグツリー
  2. 読書の進捗状況を非表示にする
  3. 牛すじ煮込みカレーと温野菜
  4. クリスマスブレンドとホリデースクープ
  5. バタースコッチドーナツ
PAGE TOP