カリッとロースト ピスタチオ

買いもの

ファミマのピスタチオ

休日の朝、コンビニでコーヒーでも買おうかとファミマに立ち寄ったら「コーヒーだけだとちょっと寂しいな」と感じ、ついでにミックスナッツを手にとってそのままレジに向かおうとしたらピスタチオを発見し、これも一緒に買ってしまった。ちょうど先日食べたピスタチオがおいしかったので今度は殻つきを食べてみたくなったのだ。ちなみに名称は「カリッとロースト ピスタチオ」です。73g入って225kcalとのこと。袋をふるとチャリチャリと殻どうしがぶつかりあってなんだか心地いい音を奏でてくれる。味はほどよく塩気がきいていてうまい。たしかに「カリッと」しているし、先日の殻なしピスタチオよりもロースト感があり、鮮度も高い気がした。ただ僕は殻なしに比べてもっと「カリッと」しているもんだと予想してたんだけど、そんなに大きな違いはなかった(家に帰ってちゃんと両方食べ比べてみた)。あきらかに違うのは塩加減で、しょっぱい方が好きな人にはファミマのピスタチオがいいと思う。殻をむくのがめんどうだなと思ってたのだが、意外とかんたんにむけることがわかり、次からは殻つきも全然アリに感じた。ただ稀に殻がまったく割れない個体もありこれにはいささか苦労した。親指が殻の割れ目に食いこむのなんのって。で、そんなときは奥歯で軽く噛んであげると割れやすくなることを発見し、そのようにしてポリポリと食べていた。アニメを観ながら。ちなみに最近Netflixでワンピースを見始めたんだけど、これがもうめちゃくちゃおもしろくてずっと観てられる。いちおうマンガは最新刊(Kindleだから少しタイムラグがあるが)まで追ってるんだけど、アニメはほんと最初から見始めたのでエピソードがまだまだたっぷりあり、今年はもうワンピース漬けになることがほぼ確定してしまった。いまちょうど魚人島を見終わったところで……。いや、まずはこのピスタチオの話を書いてしまわなくては。殻があっても意外と問題ないことが判明したのはよかったけれど、食べ終わると殻が大量に残るのでそれはちょっとデメリットに思う。ただ殻なしだとつい食べすぎちゃうわけで(そのくらいピスタチオはやみつきになる)殻つきの方がアニメを観ながらダラダラつまむには、僕にとってはちょうどいいと思った。それからピスタチオにも薄皮があることも殻つきを食べてみてはじめて知った。ピスタチオはグリーンだけど薄皮は茶色だった。なんとなく薄皮にも栄養があるんじゃないかと思い、くっついていてもそのまま気にせず食べている。まあそんな感じで手とか口とか寂しいときなんかに殻つきピスタチオ、すごくいいんじゃないかな。

あらびきソーセージパイとドリップコーヒーあらびきソーセージパイ前のページ

真冬のお散歩、カモのたくましさ次のページ

最近の記事

  1. 果実そのまま みかん
  2. マリーゴールドのゴム手袋(バスルーム)
  3. クリスマスエスプレッソロースト
  4. シーザーチキン 石窯カンパーニュ
  5. スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R
PAGE TOP