SNAPS

買いもの

SNAPS

むかし買ったお気に入りのカメラストラップがあるんだけど、まちがって別メーカーのものを購入してしまいずっとしまいっぱなしになっていた。一時期むりやり取りつけてはみたものの受け手(カメラ側)の取りつけ部分の金属が使っているうちにどんどん剥げてきて「こりゃいかん」と思いけっきょく外すはめになる。あとやはり未対応のメーカーだから取りつけ自体はできるもののストラップが微妙にねじれたり、それによってカメラをぶら下げててもどこか安定性に欠けたりと総体的にみると許容できなかった。しかし最近になって、やはりどうしても心残りがありなんとかして装着したいと感じ「アダプタ的なもの」を探してみることにした。つまり、たとえばAというメーカーからBというメーカーへ対応させるための変換アダプタみたいなアイテムがどこかにあるんじゃないかと予想したのだ。そうやって探していたところ「SNAPS」という商品を発見した。これはカメラとストラップの間にかますことでストラップを手軽に取り外し可能なものにしてくれるアイテムで、この商品の一部を使えばきれいに取りつけられるのではないかとひらめいた。いや、なんなら一部とはいわずフル活用してストラップ取り外し機能を搭載させてもみるのも悪くない。SNAPSにはスナップジョイント、スナップフック、スナップカバーの3点が入っており、まずはスナップジョイントをカメラ側に装着する。そして次にスナップフックを先ほどのスナップジョイントに取りつけて、最後にストラップをそのスナップジョイントと繋げてあげればOKだ(スナップカバーは僕のイレギュラーなストラップには装着できなかった)。スナップジョイントまでの道のりはかんたんだったのだが、じつはここでストラップの取りつけが不可能なことが判明した。というのもスナップフックの金具が太すぎてストラップの輪っかが通らないのだ。ここさえ通すことができたら取り外し機能を有したストラップの完成だったんだけどな……。というわけでSNAPSのフル活用はあきらめて当初の予定どおりスナップジョイントに直接ストラップを取りつけた。こちらはナイロン製で平べったいのですんなり輪っかを通すことができた。そして金属×ナイロンなのでストラップを吊ったときもまっすぐ落ちてくれて(ねじれることなく)しっかりとした安定性を確保できた。これが金属×金属だとギシギシするし、たまに変な支点で留まるし、どちらかの金属が剥げてくるしでいいことがない(対応メーカーなら不満なく使えると思うが)。そう考えるとスナップフックに取りつけられなかったことは残念ではあるけれど、これでよかったのかもしれない。いずれにせよ、数年の時を経てようやく「あたりまえ」なストラップとして使えそうだ。

夏の空と雲日焼け前のページ

タリーズ次のページタリーズ

最近の記事

  1. ススキ
  2. トリュフ香る黒釜玉そうめん
PAGE TOP