Amazonベーシックの単4電池

買いもの

Amazonベーシックの単4電池

眉毛を整えたりするパナソニックのフェイスシェーバーを使っていたら出力が急にするすると落ちてきて電池交換の必要にせまられた。しかたなく棚を開けて単4電池をとりだそうとしたところ、残念ながら備蓄切れ。なんとなくそんな気がしたんだよな(最近単4の姿をみた記憶がなかったので)。でも数カ月前に乾電池を購入した記憶もあり「あれ、なんだろうこの既視感は」と過去のブログを遡ってみたら、どうやら今年の2月に単3電池を買っていた。たしかに棚には単3電池がぎっしりとおさまっている。そういえばこのときは電動シェーバーを動かすために用意したんだっけ。それにしてもいま手元にこれだけ乾電池があるというのにサイズが違うだけでまったく使用できないなんて不便極まりない。どうして乾電池というのは(あくまでサイズの視点だけど)こうも汎用性がないのだろう。使い終わったらゴミにもなるし僕はもう乾電池を必要とする製品を正直使いたくなくなった。そういえば電動シェーバーもブラウンの新製品にしたら充電式に変わったんだっけ。どうせだったらフェイスシェーバーも充電式のものに乗りかえたい。でもそのような製品ってあるのかな? このへんをアップデートできたら乾電池生活もずいぶん遠い過去のものにできそうなのだけど。ああでもリモコン類がまだあるか……。まあそれはさておき、前回Amazonベーシックの単3電池を購入したから今回もおなじくAmazonベーシックのものにした。20個入りで700円ちょいとなかなかのお手ごろ価格です。目をひくオレンジカラーは電池交換というあまり愉快とはいいがたい作業をいくばくか前向きな気持ちにさせてくれるし、アメリカンチックなデザインもちょっとした非日常感を楽しめて新鮮だ。デスクに無作為に転がっていたとしてもそれはそれで絵になるかもしれない。まあ僕の電池たちは堅固な棚のなかでじっと身をよせあっているが。とにかくこれで各乾電池がぎっしり常備されたので、このさき乾電池に困ることは(そして汎用性について異議を申し立てることも)ないだろう。ただ電動シェーバーが充電式になったから単3の使用頻度がだいぶ減ってしまったな……。はたして全部使いきれるのかしら。

カットプロはさみカッターが折れる前のページ

素焼きミックスナッツ次のページ素焼きミックスナッツ

最近の記事

  1. ススキ
  2. トリュフ香る黒釜玉そうめん
PAGE TOP