コーヒー

雑記

2カ月ぶりのスタバ

ここ最近まったくカフェに行けてなかったけどようやくその機会にめぐまれたので喜び勇んで行ってきた。ブログをふりかえってみたらなんと2カ月ぶりのスタバだった。こんなに足を運ばなかったのはここ数年ちょっと記憶にないかも。いや、もしかすると10年以上ないかもしれない。スタバに入店したのは7時ちょいすぎで、まだ客が誰もいなく、おそらく一番のりだった。お腹はそこそこ空いていたものの、いつも朝食をとりすぎているのでこの日はコーヒーだけにしとく。僕がコーヒーを受けとると女性客が一人入ってきた。そのあとしばらく客はこなく、店内は静かでとても過ごしやすかった。テイラー・スウィフトのしっとりとした歌声(bettyが流れてた)だけが心地よくひびいていた。コーヒーを受けとり奥の席へと移動する。そしてふと自宅のコーヒー豆がなくなりそうだったことに気づきコーヒー豆を選んでふたたびレジへ持っていく。ほんと何度も手間をとらせてしまい申し訳ない……。コーヒー豆はクリスマスブレンド(赤いパッケージのやつです)にした。店内もいい感じにクリスマスムードで彩られ「ああ、今年もあの煌びやかなクリスマスがはじまるのか」と心がわくわくする。クリスマスブレンドを購入したら3種類のプレートの中から好きなものを選んでくださいといわれ、ちょっと迷ったあげく赤色のプレートをもらった。ほかには緑と白のプレートがあったんだけど、どれもクリスマス的なデザインで揃えたくなってしまう。とりあえず真っ赤なプレート、気に入りました(クリスマスブレンドの記事でついでに紹介するかも)。この日はどんよりとした曇空で雨が降りそうで降らない、そんなパッとしない天気だったが窓のみえない席に座っていたせいもあり、そして目の前にクリスマスグッズが置かれた棚があるおかげで「外は今ごろ雪がしんしんと降っているんじゃないか」という錯覚が湧きおこる。たぶんテイラー・スウィフトが流れていたせいもあるかもしれない。というのもちょうど去年の冬にテイラー・スウィフトの『folklore』というアルバムをよく聴いていたからだ。ところでこの日はめずらしくずっとテイラー・スウィフトの曲が流れていた。一人のアーティストの曲を連続して流しているスタバって僕ははじめてみた気がする。最初はそれこそfolkloreを流してるとばかり思ってたけど、後半には『’tis the damn season』といった曲も流れてたので(たぶん)スタバ用にミックスされているんだろう。それか単にfolkloreのあとにevermore(’tis the damn seasonはこのアルバムに収録されている)を流していたかもしれない。まあそのへんの事情は僕にはわからないけれど、いずれにせよ2、3日前にまたテイラー・スウィフトを聴きはじめた身としては「冬になるとテイラー・スウィフトを聴きたくなるのは僕だけじゃないんだな」ということを知れてうれしかった。そして何よりひさしぶりのスタバで静かなひとときを過ごせたことをうれしく思う。大げさだけど、やっぱりカフェはいいなと思った。自宅では得られない、なにか人の心を前向きにしてくれる作用がある気がする。やはり週に一度は足を運びたいなあ。とりあえず今週はクリスマスブレンドをじっくり味わいながらがんばろうと思います。

カリンカリン前のページ

ワークアウト中にSiriが何か言ってくる次のページ

最近の記事

  1. ドリップコーヒー
  2. コールドブリューコーヒー
  3. カマキリ
  4. チキンサブジ
  5. trolox(トロロックス)
PAGE TOP