冬用のふとん

雑記

冬用のふとん

気温が急激にさがったため、こちらも急きょ冬用のふとんをタンスから引っぱりだす。いつも週一で枕カバー、ボックスシーツ、ふとんカバーを変えているのだが、ちょうど交換日だったこともありタイミング的にはばっちりだった。写真はふとんカバーを交換しているときのもの。僕は寝具をだいたい無印で統一しているんだけど(エアウィーヴだけマットレスの上に敷いている)ベッドに対するふとんのサイズを最初まちがえて購入してしまい(これが冬用です)毎年冬になるとベッドがちょっぴり不恰好なかたちになる。というのも僕のベッドというかマットレスはセミダブルなんだけど、無印の推奨ではふとんはダブルがいいみたい。僕はそれを全然知らなくてふつうにセミダブルのふとんを購入してしまった(今はどうかわからないけど僕が何年か前に購入したときはこのようなニュアンスの表記があった)。でも「セミダブルにはセミダブルだよな」と考えるのが普通じゃん(僕だけだったらすみません……)。そんなわけで夏用のふとんはしっかりとこの反省を生かしダブルを購入した。なるほど、たしかにセミダブルにダブルをあわせた方が幅にゆとりが生まれてベッドらしい風貌になる。この流れでダブルの冬用ふとんも買ってよかったのだけど、べつにいま使っているものがボロボロになったわけじゃないし、まだまだ当分使えそうということで、冬は少し不恰好ではあるもののこのまま継続して使うことにした。いちおうセミダブルのふとんといえどもマットレスがしっかり隠れるくらいには幅があるので寝るときに横にスキマがあくことはありません。まあ寝相はあまり褒められたものじゃないから朝目覚めるとあちこちスキマだらけだが……。それにしても寝具選びって難しいなあ。

※ ちょっと気になり調べてみたらありました。こちらのページの「サイズ選び|ベッド・ふとんの違い」という項目に、掛ふとんはベッドよりワンサイズ上のものがおすすめと書かれている。冷気をガードし保温効果が高まるというのはなんとなくわかるけど、寝返りでふとんのずれ落ち防止にも効果があるんだとか。どおりで冬用のふとん、たまに落ちてるわけだわ(泣)。

秋というか冬前のページ

甘柿次のページ甘柿

最近の記事

  1. ジェットストリーム
  2. タンザニア ルブマ
  3. ドリップコーヒー
  4. コールドブリューコーヒー
  5. カマキリ
PAGE TOP