雑記

非日常的マスク

めずらしく朝から大ぶりの雨。窓をあけると10月なのにモワッとした熱気に顔面がつつまれる。さすがにもう秋なんだし朝だし雨だしいいかげん寒くなってもいいのでは?と鉛色の空を見上げながら思う。そんな朝をむかえ、そしてさらに暑い正午が過ぎ、夕方が近づくにつれて今度は妙に寒くなる。出先から会社の事務所にもどってくると今シーズン初となるストーブが点火されていた。いや、ストーブをつけたくなる気持ちもわからなくもないがさすがに早すぎじゃないかとおもわず突っこみを入れたくなってしまう(まあいいけれど)。それにしても朝のあの熱気からここまで気温がさがるなんてちょっと驚きだ。外で過ごしていると涼しさをとおりこして余裕で寒い。もう長いこと「マスクあちぃなあ」が日常だったけど、本日は「マスクあったけえ……」という非日常的なぬくもりに癒された。ちなみに仕事中は布マスクを使っています。なんだかマスク本来の用途からズレつつあるけど、冬はマフラーのサブ的ポジションとしての市民権を獲得しそうな(もうしてるかな?)そんな予感がする今日このごろです。

入道崎入道崎前のページ

あいほんでポチポチと次のページ

最近の記事

  1. カマキリ
  2. チキンサブジ
  3. trolox(トロロックス)
  4. ホットコーヒー
PAGE TOP