雑記

花粉症がおさまった

もうかれこれ1カ月くらいだろうか、気づけばすっかり花粉症の症状がおさまり快適な日常生活がもどってきた。くしゃみがピタリとやみ、目のかゆみもなく鼻のとおりもスースーする。これがあたりまえなんだけど、それが損なわれる日々を長いこと経験していると、いかにこの正常な状態が幸せなことかに気づかされる。とくに鼻のとおりは睡眠の質に直結するからこれだけでも日中のパフォーマンスが段違いだ。ただまだ完璧とはいえなくて(そもそも完璧な状態なんて今まで、そしてこれからもないと思うけど)たまに鼻がつまることがある。それが花粉症なのか、はたまた風邪のような症状なのか僕には知るよしもないけれど、ひとまず今シーズンの花粉症はおおむね終了したと判断していいだろう。やはり桜が咲くころまでが僕にとっての警報期間みたいだ。それでも今年は去年にくらべてわりと早く症状がおさまった気がする。たしか去年は夏ごろまで花粉症の後遺症のような微妙な鼻づまりがだらだら続いていたっけ。この違いはなんだろうとふりかえってみたところ、おそらく散歩をするときに高性能なマスクをしっかりつけていたことに起因するように感じた。おもえば去年は散歩をするときあまりマスクにこだわらなかった気がする。もしかすると日中に吸いこんだ花粉の量に応じてその日の夜の鼻づまり具合が確定するのかもしれない。いずれにせよ来年の花粉症シーズンもしっかりマスクで防御したい。愛用しているヴィクトリアンマスクのスペックもアップグレードしてくれたらうれしいな。

洗濯機の挙動がおかしい前のページ

スタバでひと息。ANAのSKIPサービスが終了してしまった次のページドリップコーヒー

最近の記事

  1. ドラゴンフルーツ
  2. すみれチャーハン
  3. カティ カティ ブレンド
  4. 冷凍の焼き紅芋
PAGE TOP