雑記

洗濯機の挙動がおかしい

朝、洗濯機をまわしお昼に自宅へもどって脱衣所にむかうといつもよりしんとしている。なにやらイヤな予感がする。そんな不安をかかえながら洗濯機のまえにたつと、案の定エラーコードが点滅していて洗濯機がとまっていた。どうやら乾燥中に停止したらしく、洗濯物がまだ半乾きの状態だった。やれやれ。僕はおもわず「予報ははずれて予感はあたった」というレミオロメンのとある曲(忘れてしまった)の歌詞を思いだした。予感はあたるのだ。エラーコードの詳細を調べてみると、どうやら乾燥フィルターが原因らしい。処置には乾燥フィルターの掃除が必要と書かれていたが、先日掃除したばかりで取りだして確認してはみたものの、とくに目詰まりしているわけではなかった。とりあえずこの半乾きは気持ち悪いのでふたたび洗濯機のふたを閉めて乾燥のみのコースで再スタートを切る。そして夕方自宅にもどってみると、あれれ、やっぱり同じエラーコードが表示されている。ただ洗濯物はほぼ乾燥していたらひとまず安堵した。もう一度乾燥フィルターを取りだしてよりていねいに掃除する。あいかわらずゴミはほとんどついてないし、これをふたたびセットしたところでエラーコードが消えるとは思えない。ついでに、これは完全に今回のエラーコードとは関係ない項目だけど排水フィルターも掃除することにした。こちらの方がゴミが溜まっていた。水気をふくんでいるぶん掃除がめんどうだがまあついでにきれいにしといて損はないだろう。翌日、またエラーコードがでたらいよいよ修理か新しい洗濯機を導入しなければならないなと憂鬱な気持ちで洗濯機をまわしてから家をでる。そしてまたお昼にもどってチェックしてみると、今度はいつもどおり正常に終了していて「ふんわりキープ」状態だった。けっきょくあのエラーコードはなんだったんだろう? もしかして乾燥フィルターと排水フィルターの汚れを検知するプログラムが逆になっているとか? 僕にはなにがなんだかさっぱりわからなかった。でもとにかく洗濯機が復活してくれてよかった。よく考えたら洗濯機ってバックアップがないから故障したらヤバイな……。

ミニ濃厚チョコブラウニーミニ濃厚チョコブラウニー前のページ

花粉症がおさまった次のページ

最近の記事

  1. 金のマルゲリータ
  2. アラビカのカフェラテ
  3. よもぎ茶
PAGE TOP