さくらドーナツ

お出かけ

さくらドーナツ

なんとなく風邪ぎみだし明日の朝はゆっくりベッドにくるまろうと思っていたのだけど朝起きてすっかり調子がよくなり出かけることにした。まずはコーヒー豆を買うために朝食がてらスタバによる。今回はスマトラというコーヒー豆をチョイスした。たぶん初めてかもしれない。それから春らしいさくらドーナツとショートドリップをオーダーする。ピンク色のドーナツはまさに桜を彷彿とさせるあざやかさでテーブルがとても春らしく染まった。さくらコーティングはパリパリしていてそこそこ厚みがあり甘くておいしい。もっちりした生地ともよくなじみ、コーヒーとの相性もばつぐんだ。色によるバイアスだろうか、なんとなくストロベリーのような甘酸っぱさを感じてしまった。でも公式ページにはとくにイチゴ味なんて書かれていないし、やっぱり気のせいだったかも。前回コーヒー豆を買ったときにもらったあの話題の紙袋を今回もゲットすることができた。あとドーナツをつつんでいた紙にも同じようなイラストが描かれていてこちらも美しかった。もって帰りたかったけどドーナツのベトベト感がのこっていたのでさすがにやめといた。ドリップはTOKYO ローストでバランスがよく味わい深い。サンプルでもらった豆もTOKYO ローストだった。家に帰ったらさっそく淹れてみよう。春らしい朝食を満喫していたが天気はどんよりと曇っていて気温は1度くらいだった。「雪が降らないだけマシか」と心のなかでつぶやきながら遠い未来への春に想いを馳せた。店内は僕をふくめて3人の客が滞在し、天井のスピーカーからはPenny & SparrowのLong Goneがしっとりと穏やかに流れていた。カフェを出たあとは凝りかたまった体をほぐすべく公園まで散歩する。予報では雪マークがついていていつ降ってくるか身がまえていたのだけど、けっきょく一度も雪を目にすることはなかった。いつも見かける鳩たちも、この日は一度も姿をあらわさなかった。鳩も雪もまとめてどこかべつの場所へ移動したのかもしれない。そう思うとちょっとだけ切ない気持ちになった。雪もなければ桜も咲かない宙ぶらりんの3月は僕にとっていささか退屈すぎた。でもだからこそ、毎年桜がそれを打ち破り歓喜をもたらしてくれるのだろう。僕は退屈であることを“しっかりと”感じながら歩をすすめることにした。

紙のコーヒーフィルター紙のコーヒーフィルター前のページ

スマトラ次のページスマトラ

最近の記事

  1. アラビカのカフェラテ
  2. よもぎ茶
  3. ブルーベリー ベーグルサンド
PAGE TOP