MindNodeのファイルをDropboxに保存

モバイル

iPhoneアプリのMindNodeで作成したファイルをDropboxに保存するやり方

マインドマップを手軽に作成できるMindNodeというiPhoneアプリがここ最近のお気に入りです。今回はMindNodeで作成したファイルをDropboxに保存するやり方をご紹介します。Dropboxの他にもiCloudへの保存も可能なのでとても便利です。

Dropboxを有効にする

まずはマインドマップの一覧表画面の右上にある設定アイコンをタップします。

MindNodeの設定

次に共有という項目内にDropboxがあるので、これを有効に切り替えます。

Dropboxを有効にする

これでDropboxに保存できる状態になりました。マインドマップを作成したら下記のアイコンを選択します。

マインドマップを保存

「アプリに送信」をタップします。書き出しタイプにはPDFやPNGなどといった形式を指定することが可能です。他にもリッチテキストアウトラインやMarkdownアウトラインなども用意されています。

アプリに送信

「Dropboxで開く」というアイコンがあるので、これをタップします。

Dropboxで開く

最後に保存先を指定したら右上にある「保存」で完了です。これでDropbox内に自分が作成したマインドマップを入れることができます。

ファイルを保存

GoodReaderやEvernoteにも対応

今回はDropboxに保存する方法でしたが、その他にも以下のアプリに送信することもできます。

  • メール
  • iBooks
  • GoodReader
  • Skitch
  • Kindle
  • Evernote

割とメジャーなアプリには対応している感じなので、多くの人が使い易いと思います。特にDropboxに入れておけばパソコンやタブレットといった様々な端末から閲覧することができるので、非常に便利ですね。

価格は一般的なアプリに比べると少し高めですが、機能、デザイン、操作性がとても良いので個人的にはオススメです。

そんなわけで、iPhoneから手軽にマインドマップを作成したいという方は是非MindNodeを試してみてください。

MindNode – Delightful Mind Mapping

1,000円
(2015.01.12時点)
posted with ポチレバ

SVG LoadersSVGだけを使った可愛いローディングアイコン集・SVG Loaders前のページ

上下左右からクイックなスライド表示させることができるjQuery Sidebar次のページjQuery Sidebar

関連記事

  1. モバイル

    iPhoneのロック画面・ホーム画面にメモを表示できるアプリ「ロック画面メモ」

    朝には覚えていたのに、外に出たとたんすっかり忘れてしまった……。なんて…

  2. 視力保護ブラウザ for iPhone

    モバイル

    ブルーライトをカットしてくれるiPhoneアプリ「視力保護ブラウザ for iPhone」

    スマホから発せられるブルーライトは目や身体に負担がかかると言われており…

  3. iPhone画面が暗くならない設定方法

    モバイル

    iPhoneの画面が暗くならない(消えない)ようにする設定方法

    iPhoneでネットを楽しんでいる時やアプリに熱中している時、ちょっと…

  4. iPhone 7で4K動画撮影の設定方法

    モバイル

    iPhone 7で4K動画(4K/30 fps)を撮影するための設定方法

    iPhone 7を使って高画質で美しい映像を記録したいなら4K動画撮影…

  5. スクリーンショット撮影後に画像編集(加工)

    モバイル

    iOS 11でスクリーンショット撮影後に画像編集(加工)する機能

    今までiPhoneでスクリーンショットを撮影した後に画像編集(加工)を…

  6. LogoScopic Studio

    モバイル

    プロっぽいロゴを簡単に作成できるiPhoneアプリ「LogoScopic Studio」

    iPhoneやiPadで簡単にロゴを作成できるアプリ「LogoScop…

最近の記事

  1. EOS R5
  2. Anker PowerExpand Direct 6-in-1 USB-C PDメディアハブ
  3. ペットボトルホルスター

アーカイブ

PAGE TOP