Macのスリープモードをさせない設定

パソコン

Macのスリープモードをさせないように変更する設定方法

Macのスリープモードはパソコンを使っていないと自動でスリープしてしまうので基本的には便利なんですが、たまに意図的にスリープモードにさせないようにしたい時があるかと思います。そんな時はシステム環境設定からスリープモードの設定を変更することで簡単に解決することができます。

[ads_center]

システム環境 → 省エネルギー

システム環境の中にある省エネルギーから設定することができます。

Macのスリープモードをさせない設定

電源アダプタを選択してディスプレイのスリープを「しない」に設定します。

ディスプレイのスリープを「しない」に設定

これだけでOKです。ディスプレイ同様、コンピュータのスリープもしないように設定することも可能です。便利ですね。

ということで、これで画面に向かって長い時間、考え事をする時なんかはスリープに気がいくことなく集中できます。Macでスリープをさせたくない方は是非お試しください。

Magnific Popupレスポンシブに対応したLightbox風のjQueryプラグイン「Magnific Popup」前のページ

MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時にリフレッシュできる「Refresh finder」次のページ

最近の記事

  1. ウィンターホワイトマグツリー
  2. 読書の進捗状況を非表示にする
  3. 牛すじ煮込みカレーと温野菜
  4. クリスマスブレンドとホリデースクープ
  5. バタースコッチドーナツ
PAGE TOP