パソコン

iPhotoの画像データの保存先フォルダの場所

Macの画像管理アプリ「iPhoto」を使っていてちょっと気になったんですが、画像データが保存されているフォルダの場所がどこにあるか中々見つからなかったので調べてみました。ということで画像データの保存先のフォルダまでの行き方をメモしときます。

[ads_center]

画像データの保存先

Finderに入っている「ピクチャ」を開きます。その中に、iPhoto Libraryというのがあります。ここで右クリックして「パッケージ内容を表示」を選択します。

パッケージ内容を表示

そうすると、フォルダやファイルなどが色々入っているので、その中にある「Masters」というフォルダに画像データが入っています。

具体的には「年」→「月」→「日」という階層順になっていて、例えば2012年7月20日に画像を保存していたら、Masters → 2012 → 07 → 20 という階層になっています。

それにしてもiPhoto Libraryを右クリックで「パッケージ内容を表示」というのがちょっと分かりづらかったですね。ちなみにiPhoto Libraryを普通にダブルクリックするとiPhotoアプリが起動されます。

ということで、以上iPhotoの画像データが入っているフォルダの場所についてでした。

文字をペーストするだけで文字数をカウントしてくれるChrome拡張機能「文字数カウンタ」前のページ

Gmailでゴミ箱に捨てたメールを元に戻す(復元)やり方次のページ

関連記事

  1. MacのBluetooth表示名やコンピュータ名を変更

    パソコン

    MacのBluetoothの表示名やコンピュータ名を変更する設定方法

    MacをBluetoothで接続する際に表示名が気になることがあります…

  2. パソコン

    iPhoneとAndroidのSDKのシュミレーターをMacにインストールしてみた

    ちょっと時間があったのでiPhoneとAndroidのシュミレーターを…

  3. command + Zを戻す

    パソコン

    Macの「command + z」で消えたものを元に戻すショートカットキーのやり方

    Macでよく使うショートカットキーに「command + z」がありま…

  4. 同時にサイズ変更

    パソコン

    Macのプレビューで複数の画像ファイルを同時にサイズ変更するやり方

    Macのプレビューで複数の画像ファイルを同時にサイズ変更するやり方が便…

  5. MacのFinderで画像ファイルのサイズを表示

    パソコン

    MacのFinderで画像ファイルの縦横サイズを常に表示させておく設定方法

    MacのFinder内にある画像ファイルはデフォルトでは何も表示されて…

  6. パソコン

    MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時にリフレッシュできる「Refresh find…

    MacのFinder内のファイルがうまく表示されない時やおかしい時にF…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ダミアン・ハースト 桜
  2. パッキングエリア
  3. あらびきソーセージパイ
  4. REACH フロス
PAGE TOP