Lightroomの新規プリセット作成

Lightroom

Lightroomで新規の現像プリセット(ユーザープリセット)を作成する方法

Lightroomの現像プリセットには、デフォルトで色んな種類が入っています。このプリセットを適用させることで、簡単にお洒落なエフェクトをかけることができるんですが、自分でもこのプリセット(ユーザープリセット)を作ることができます。自分で画像を編集していて、気に入った状態に仕上がった時なんかに、その設定を新規の現像プリセットで作成しておけば、いつでも他の画像に適用できるのでとても便利です。

[ads_center]

やり方

新規プリセットを作成するやり方はとても簡単です。画像を編集・加工したら、左メニューのプリセットの横にある「+」をクリックします。

現像プリセットを作成

新しいプリセット名を入力して、作成したい設定項目にチェックを付けて「作成」をクリックします。

プリセット名を入力

そうすると、プリセットメニューにある「ユーザープリセット」の中に、先程作成したプリセットが入っています。

ユーザープリセットに登録される

これで、別の画像にも適用させたい場合は、その画像を現像モジュールで開いて、作成したプリセットを選択すればOKです。色んなプリセットを登録しておけば、自分好みのエフェクトを瞬時にかけることができるので、とても便利ですね。

ということで、新規の現像プリセットを作成する方法でした。

関連記事

  1. Lightroomで画像を切り抜くやり方

    Lightroom

    Lightroomで画像を切り抜くやり方

    Lightroomで画像を切り抜くやり方をメモしときます。画像の隅っこ…

  2. Lightroomの画像の数

    Lightroom

    Lightroomのライブラリ内に表示されている画像の数を変更するやり方

    Lightroomのライブラリモジュール内にはサムネイル画像が表示され…

  3. Lightroom

    Lightroomの透かしを編集して著作権を表示させるやり方

    LightroomでRAW画像をJPEGなどで書き出す際に指定した位置…

  4. Lightroomのフラグについて

    Lightroom

    Lightroomで画像にフラグをつけて振り分けるやり方

    Lightroomで画像にフラグをつけて振り分けるやり方です。フラグに…

  5. Lightroomのヒストグラムで補正するやり方

    Lightroom

    Lightroomでヒストグラムを使って画像を補正してみる

    Lightroomでヒストグラムを直接弄りながら画像を補正するやり方を…

  6. Lightroom

    Lightroomで色収差を除去しても取り除けなかった偽色を補正する

    先日、Lightroomで色収差を除去するやり方をご紹介しましたが、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. s9+
  2. SRS-LSR200
  3. QC30
  4. リンツ リンドール

アーカイブ

PAGE TOP