Lightroomでファイル名を変更

Lightroom

Lightroomで書き出しする際にファイル名の付け方を変更する設定方法

Lightroomで画像を補正した後にファイルを書き出しますが、その際にデフォルトの設定だと勝手にファイル名がつけられてしまいます。ちなみに僕の環境ですとデフォルトでは「IMG_〇〇〇〇」(〇は数字番号)という形式で書き出されてしまいます。なので、このファイル名を書き出す際に自分で好きな形式に変更するやり方です。

[ads_center]

やり方

ライブラリモジュールから画面右下にある「書き出し」をクリック、もしくは画像を選択した状態で右クリックから「書き出し」をクリックします。

Lightroomで書き出し

そうすると、以下の画面が表示されるので、「ファイルの名前」という項目の中にある「変更後の名前」にチェックを入れます。

変更後の名前にチェック

そうすると、その右側にある選択項目がクリックできる状態になるので、ここから好きなファイル名の形式を選択することができます。

ファイル名の形式を選択

ここでは「カスタム名 – 連番」を選択してみます。カスタムテキストに自分の付けたいファイル名を入力します。

好きな名前を入力

で、あとは右下にある「書き出し」ボタンをクリックすればOKです。

書き出しボタン

これで、ファイル名が「〇〇〇-1.jpg、〇〇〇-2.jpg、〇〇〇-3.jpg…」という風に「カスタム名-連番」で書き出されていきます。この他にも「ファイル名 – 連番」や「日付 – ファイル名」など色々な形式があるので自分に合うファイル名で写真を管理していくといいかと思います。

HDRtistMacで超簡単にHDR写真(ハイダイナミックレンジ合成)が作れちゃうアプリ「HDRtist」前のページ

スクロールしていくと先頭に戻るボタンを表示してくれるjQueryプラグイン「scrollUp」次のページscrollUp

関連記事

  1. Lightroomのトーンカーブの使い方

    Lightroom

    Lightroomで基本的なトーンカーブの使い方

    Lightroomで基本的なトーンカーブの使い方をまとめてみました。普…

  2. Lightroomのヒストグラムで補正するやり方

    Lightroom

    Lightroomでヒストグラムを使って画像を補正してみる

    Lightroomでヒストグラムを直接弄りながら画像を補正するやり方を…

  3. Lightroom

    Lightroomの現像で設定した値をコピーして他の写真にペーストするやり方

    Lightroomで、ある写真を現像する際に設定した値をコピーして他の…

  4. Lightroomのかすみ除去

    Lightroom

    Lightroomのかすみ除去が山などの風景写真にとても役立つ

    風景写真で遠くに見える山などを撮影したときに「なんだか霞んで薄いなあ」…

  5. Lightroom

    Lightroomで色収差を除去しても取り除けなかった偽色を補正する

    先日、Lightroomで色収差を除去するやり方をご紹介しましたが、今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オータムスイートポテトフラペチーノ
  2. 紅葉
  3. ナノケア EH-NA0E
  4. スターバックス コロンビア サンタンデール

アーカイブ

PAGE TOP