iPhone(iOS)Safariのアドレスバーをタップすると突然落ちるのでその対処法

Safariが落ちる対処法

昨日からiPhoneのSafariが突然落ちる現象に見舞われました。もしかすると同じように困っている方がいるかもしれないので、その対処法(2つあります)をご紹介します。

iPadでも同様に落ちたのでiOSが原因のようですね。今後アップデートがあるのかわかりませんが、対処法自体はとても簡単なので、「Safariでキーワード検索やURL入力ができない!」という方は、ぜひ試してみてください。

履歴とWebサイトデータを消去

まずは設定アプリを起動させて「Safari」を選択します。

設定アプリからサファリを選択

下へスクロールすると「履歴とWebサイトデータを消去」という項目が出てくるので、ここをタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

タップすると、「消去すると、履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。」と表示されるので、その下にある「履歴とデータを消去」をタップします。

履歴とデータを消去

これで再度Safariのアドレスバーをタップしてみると、今度は落ちることなく正常に戻ります。これでひと安心ですね。

Safari検索候補をオフにする

ただ、上記の方法だと履歴やデータが削除されるので「それでは困る!」という方もいるかと思います。

もう一つの対処法としては、同じくSafariの設定画面にある「Safari検索候補」という項目があるので、ここをオンからオフ(緑から白)に切り替えるというやり方もあります。

Safari検索候補をオフにする

ちなみにSafari検索候補とは、アドレスバーに何かキーワードを打ち込むとマップやWikipediaが出てきたりする機能です。

↓ こんな感じの。

Safari検索候補の具体例(マップ)

そのため、Safari検索候補をオフにするとこういった機能が使えなくなってしまいます。

もちろん必要ないという方はいいと思いますが、機能設定を変えるくらいなら「履歴とWebサイトデータを消去」をおこなった方がいいのでは? と思います。

というわけで、いまのところ2つの対処法が用意されているので自分に合う方法を試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクセスランキング

Tags

オススメ商品

Archives