WordPressのログイン時のツールバー

WordPress

WordPress投稿画面からTwitterの好きなツイートを簡単に埋め込むことができるやり方

WordPressの投稿画面でTwitterのツイートを簡単に埋め込むことができるようになったので試してみました。これはとても便利ですね。自分のサイトに埋め込みたいツイートのステータスURLを貼り付けるだけなのでとても手軽です。

[ads_center]

やり方

Twitterで自分のツイート一覧ページへ行き、埋め込みたいツイートをクリックします。

埋め込みたいツイートをクリック

そうすると「詳細」という項目が表示されるのでこれをクリックします。

詳細をクリック

そして、「このツイートをサイトに埋め込む」をクリックします。

ツイートをサイトに埋め込む

上のタブから「リンク」を選択して、ステータスURLをコピーします。

ステータスURLをコピー

あとはWordPressの投稿画面へ行き、先程のURLを貼り付けます。この時、URLを一行にして貼り付けます。

ステータスURLを投稿画面へ

実際に埋め込んでみると以下のようになります。

すごい簡単に埋め込めるので便利ですね。

ということで、WordPressでツイートを埋め込みたい場合はこれを使えば効率的にツイートを表示させることができます。

自分の興味にあったニュースや記事を推薦してくれる「Gunosy(グノシー)」を使ってみた前のページ

メタリックなロゴデザイン20次のページ

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    the_tagsを使ってWordPressの投稿タグを表示させたり表示形式を替えたりしてみる

    WordPressで各記事につけた投稿タグを表示させたい場合にはthe…

  2. WordPress

    ブログの編集作業が捗るWordPressプラグイン「AddQuicktag」

    すごく便利なプラグイン「AddQuicktag」を使ってみました。なん…

  3. WordPress

    指定した親ページの子ページを取得してみる

    前回、「WordPressで指定した固定ページを読み込む方法」を書いた…

  4. WordPress

    WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定したCSS・JSファイルを読み込む

    個人的に今後ちょっと使いそうな機能だったのでメモがてらエントリー。Wo…

  5. WordPress

    WordPressでコメント欄などに表示されるアバター「Gravatar」に登録してみる

    毎回、今更感全開の記事ですが時間が少しあったのでGravatarに登録…

  6. WordPress

    WordPressで「この記事の所要時間」という読了時間を表示させてくれるプラグイン「estimat…

    とても便利なWordPressのプラグインを発見したので備忘録です。よ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. TR153
  2. cheero Flat 10000mAh with Power Delivery 18W CHE-112
  3. SV-S251
  4. スラウェシ トラジャ

アーカイブ

PAGE TOP