WordPress

ブログ投稿を更新したら自動でツイートしてくれるWordPressプラグイン「WordTwit」を使ってみた

なんというか、毎回些細なこととはいえブログを更新する度に手動でツイートしてたんですが、いい加減面倒くさく感じてきたので自動化してようかと思いました。もっと早くからやれよって感じですよね。ということでいい感じのWordPressのプラグイン「WordTwit」を使ってみました。感想はというと、もっと早くからやっとけばよかったなーっていう当たり前の感想でした。以下、必要ないかもですが使い方です。

[ads_center]

WordTwitの使い方

管理画面からインストール、または以下のURLからダウンロードしてpluginsフォルダにアップロードして有効化します。

すると、管理画面の設定の中にWordTwitという項目が追加されるのでそれをクリックします。下記のような設定画面が表示されるので、「Sign-in Using Twitter」のところをクリックして自分のアカウントにログインします。

WordTwitログイン

ユーザー名とパスワードを入力して「連携アプリを認証」というボタンを押します。

WordTwit認証

URL短縮サービスはとりあえずデフォルトのままにして、あとはメッセージ欄に自分の好きなメッセージを入れます。titleとlinkはツイートした時の投稿タイトルとリンクなのでそのまま残しておきます。

で、一番下にあるUpdate Optionsをクリックして完了です。

まとめ

実際にブログ更新時にツイートを確認してみるとちゃんとツイートされていました。やっぱり自動化できる部分は自動化にした方が断然楽ですね。毎回手動だとなにかと間違いも出てきてしまいそうなので。ということで結構オススメかと思います。

関連記事

  1. WordPressアップデートでアイコンが表示されない時の対処方法

    WordPress

    WordPress 3.8のアップデートで管理画面のアイコン画像が上手く表示されない時の対処方法

    先程、WordPress 3.8にアップデートしたら管理画面の上部バー…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでプラグインなしで関連する記事を一発で呼び出す関数をfunctions.phpに記…

    WordPressのシングルページで、よく記事の終わりにその記事に関連…

  3. WordPress

    WordPressのheader.php内でよく使いそうな関数などをまとめてみた

    WordPressで自作のテーマを作成する時にheader.phpでよ…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressのthe_tagsで「タグ:」というデフォルトの表記を削除するやり方

    WordPressでthe_tags()を出力するとタグの前に「タグ:…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressウィジェット内でPHPコードが使用できるプラグイン「PHP Code Widget…

    個人的にとてもうれしいプラグインを発見したので備忘録がてらメモしておき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. USB-2H401BKN
  2. Dyson Pure Cool Me
  3. ルック セレクション
  4. シルキーウインドモバイル

アーカイブ

PAGE TOP