WordPress

ブログ投稿を更新したら自動でツイートしてくれるWordPressプラグイン「WordTwit」を使ってみた

なんというか、毎回些細なこととはいえブログを更新する度に手動でツイートしてたんですが、いい加減面倒くさく感じてきたので自動化してようかと思いました。もっと早くからやれよって感じですよね。ということでいい感じのWordPressのプラグイン「WordTwit」を使ってみました。感想はというと、もっと早くからやっとけばよかったなーっていう当たり前の感想でした。以下、必要ないかもですが使い方です。

[ads_center]

WordTwitの使い方

管理画面からインストール、または以下のURLからダウンロードしてpluginsフォルダにアップロードして有効化します。

すると、管理画面の設定の中にWordTwitという項目が追加されるのでそれをクリックします。下記のような設定画面が表示されるので、「Sign-in Using Twitter」のところをクリックして自分のアカウントにログインします。

WordTwitログイン

ユーザー名とパスワードを入力して「連携アプリを認証」というボタンを押します。

WordTwit認証

URL短縮サービスはとりあえずデフォルトのままにして、あとはメッセージ欄に自分の好きなメッセージを入れます。titleとlinkはツイートした時の投稿タイトルとリンクなのでそのまま残しておきます。

で、一番下にあるUpdate Optionsをクリックして完了です。

まとめ

実際にブログ更新時にツイートを確認してみるとちゃんとツイートされていました。やっぱり自動化できる部分は自動化にした方が断然楽ですね。毎回手動だとなにかと間違いも出てきてしまいそうなので。ということで結構オススメかと思います。

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでキーワードを登録しておくと自動でリンクをつけてくれるプラグイン「WP Keywo…

    なかなか便利だったのでご紹介します。WordPressで自分が登録した…

  2. WordPress

    WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方

    WordPressのショートコードってとても便利ですよね。AddQui…

  3. Broken Link Checker

    WordPress

    リンク切れをチェックできるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

    そういえば自分のサイトでリンク切れのチェックをしたことがなかったので、…

  4. WordPress

    AkismetのAPIキーを無料で取得する

    WordPressでブログを始めてみたのでとりあえず定番らしきプラグイ…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressのthe_tagsで「タグ:」というデフォルトの表記を削除するやり方

    WordPressでthe_tags()を出力するとタグの前に「タグ:…

  6. WordPress

    WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

    以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Soundcore Ace A1
  2. cheero USB-C PD Charger 60W
  3. DY-S01
  4. OWL-QI10W04

アーカイブ

PAGE TOP