WordPress

記事コピー防止策になるかもしれないWordPressプラグイン「RSS Footer」

RSS FooterというWordPressのプラグインなんですが、こちらをインストールするとRSSフィードの中に、自分のサイトへのリンクなどを挿入することができます。なので、RSSフィードを読み込んで記事がコピーされても自分のサイトへのリンクが貼られるので元記事を知らせることができますね。っていうことを最近知ったのでとりあえず手軽に出来そうなプラグインを試してみました。

[ads_center]

使い方

管理画面のプラグインから「RSS Footer」で検索すれば一番上に出てくる(現時点では)ので、そちらをインストールして有効化します。以上です。めっちゃ簡単ですね。ダウンロードする場合は以下からどうぞ。

デフォルトではこんな感じで設定されています。

%%POSTLINK%% is a post from: <a href="http://bl6.jp">bl6.jp</a>

実際にRSSフィードで表示されると以下のようになります。

管理画面から表示される文字なんかを簡単に編集できるので便利ですね。

Rss Footer 管理画面

あとは、表示される位置なんかも選択できます。beforeかafterのどちらかを選ぶことができます。記事の上か下のどちらかってことですかね。

Rss Footer-beforeかafter

ということで、とても手軽にできるのでオススメです。

jQueryでウィンドウサイズによって処理を変えるjQueryのeachメソッドのお勉強前のページ

レスポンシブに対応して画像をポップアップ表示してくれる素敵なjQueryプラグイン「fancyBox」次のページ

関連記事

  1. WordPressで投稿IDを指定した記事をランダム表示

    WordPress

    WordPressで複数の投稿ID(記事ID)を指定した記事をランダムで表示させるやり方

    個人的にやってみたかったので備忘録。WordPressで自分が作った関…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでランダム記事の一覧をプラグインを使わないで表示させるやり方

    先日、WordPressで最新記事の一覧をプラグインを使わないで表示さ…

  3. WordPress

    ブログ投稿を更新したら自動でツイートしてくれるWordPressプラグイン「WordTwit」を使っ…

    なんというか、毎回些細なこととはいえブログを更新する度に手動でツイート…

  4. WordPress

    WordPressでマルチサイト化した時にアイキャッチ画像の設定が表示されない

    ローカル環境でWordPressをマルチサイト化してみたところダッシュ…

  5. WordPress

    WordPressで自分だけのショートコードの作り方

    WordPressのショートコードが便利なのでちょこちょこ使い始めてま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 冬用のふとん
  2. 田沢湖
  3. ゴムの耳栓
  4. ライオンコーヒー(バニラマカダミア)
PAGE TOP