WordPress

記事コピー防止策になるかもしれないWordPressプラグイン「RSS Footer」

RSS FooterというWordPressのプラグインなんですが、こちらをインストールするとRSSフィードの中に、自分のサイトへのリンクなどを挿入することができます。なので、RSSフィードを読み込んで記事がコピーされても自分のサイトへのリンクが貼られるので元記事を知らせることができますね。っていうことを最近知ったのでとりあえず手軽に出来そうなプラグインを試してみました。

[ads_center]

使い方

管理画面のプラグインから「RSS Footer」で検索すれば一番上に出てくる(現時点では)ので、そちらをインストールして有効化します。以上です。めっちゃ簡単ですね。ダウンロードする場合は以下からどうぞ。

デフォルトではこんな感じで設定されています。

%%POSTLINK%% is a post from: <a href="http://bl6.jp">bl6.jp</a>

実際にRSSフィードで表示されると以下のようになります。

管理画面から表示される文字なんかを簡単に編集できるので便利ですね。

Rss Footer 管理画面

あとは、表示される位置なんかも選択できます。beforeかafterのどちらかを選ぶことができます。記事の上か下のどちらかってことですかね。

Rss Footer-beforeかafter

ということで、とても手軽にできるのでオススメです。

jQueryでウィンドウサイズによって処理を変えるjQueryのeachメソッドのお勉強前のページ

レスポンシブに対応して画像をポップアップ表示してくれる素敵なjQueryプラグイン「fancyBox」次のページ

関連記事

  1. WordPress

    WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方

    WordPressのショートコードってとても便利ですよね。AddQui…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでタグ一覧ページの作り方

    WordPressでタグ一覧ページを作るやり方をご紹介します。サイトで…

  3. WordPress

    ローカル環境のMAMPでWordPressをマルチサイト化してみる

    素人なので半日も悩んじゃいました。ローカルでWordPressをマルチ…

  4. Broken Link Checker

    WordPress

    リンク切れをチェックできるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

    そういえば自分のサイトでリンク切れのチェックをしたことがなかったので、…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. RF85mm F2 MACRO IS STM
  2. Anker PowerWave Pad Alloy
  3. Anker Bolder LC30
  4. BG-R10

アーカイブ

PAGE TOP