WordPress

WordPressのシングルページで前後の記事リンクを条件判定で出力するやり方

以前 WordPressのシングルページで前後の投稿やページ分割のリンクを出力 という記事を書いたのですが、今回はこれに条件判定を加えて出力してみようかと思います。というかただif文で分けるだけですが。ようは前の投稿がある場合はその記事のリンクを表示させて、ない場合には「前の投稿はありません」というちょっと親切?なコメントを表示させようという試みです。次の投稿記事の場合も同じです。こっちの方が実用性があるんじゃないかなー。

[ads_center]

get_previous_postとget_next_postで判定をする

投稿記事の判定をしたい場合はget_previous_post()とget_next_post()を使います。以下コードです。

<?php 
     //前の投稿を判定・出力
     if(get_previous_post()) {
          previous_post_link('%link', '%title');
     } else {
          echo '前の投稿はありません';
     }
     //次の投稿を判定・出力       
     if(get_next_post()) {
          next_post_link('%link', '%title');
     } else {
          echo '次の投稿はありません';
     }
?>

これで、前/次の投稿がある場合には前/次の投稿へのリンクが表示され、投稿がない場合にはそれに応じたコメントを表示させます。
あとはCSSで見栄えを整えればそれなりに便利な機能の一つとして活用させることができると思います。

テーマにWordPressのウィジェットを対応させ検索フォームをカスタマイズする前のページ

Mac OSのPhotoshopで照明効果が使えない!っていう時の解決方法次のページ

関連記事

  1. WordPress

    WordPressで人用のサイトマップを作ってくれるプラグイン「PS Auto Sitemap」の使…

    WordPressで人に見せるための人用サイトマップを簡単に作成してく…

  2. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressのthe_tagsで「タグ:」というデフォルトの表記を削除するやり方

    WordPressでthe_tags()を出力するとタグの前に「タグ:…

  3. WordPress

    ブログ投稿を更新したら自動でツイートしてくれるWordPressプラグイン「WordTwit」を使っ…

    なんというか、毎回些細なこととはいえブログを更新する度に手動でツイート…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressの囲み型ショートコードの基本的な使い方

    WordPressのショートコードはとても便利で色々なことができるんで…

  5. WordPress

    WordPressでトップページのURLを変更する方法

    WordPressでWebサイトを作成した時にトップページのURLを「…

  6. Monsterrat

    WordPress

    ミニマルなポートフォリオに最適なWordPressテーマ「Monsterrat」

    ミニマルなデザインのポートフォリオを作りたい時に最適なWordPres…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 桜と太陽
  2. ベルボン Mシリーズ
  3. ネック冷却ファン NRF10
  4. Kindle 8GBモデル
  5. プロテクティングクロス PC-E2

アーカイブ

PAGE TOP