WordPress

WordPressでコメント欄などに表示されるアバター「Gravatar」に登録してみる

毎回、今更感全開の記事ですが時間が少しあったのでGravatarに登録してみました。Gravatarとはグローバルで利用できるアバターのことで、ここに登録しておくとWebサイトなどのオンラインコミュニティ上で名前の横に画像を表示させることができます。WordPressのコメント欄などに表示される画像もGravatarに登録しておくとメールアドレスに紐づいて自分で設定した画像が認識されます。

[ads_center]

登録の仕方

大体5分から10分もあれば簡単に登録できます。以下のリンクから登録します。

「Gravatarに登録!」のボタンを押すと、まず最初にメールアドレスを登録します。

Gravatarメールアドレス

登録したメールアドレスにメールが送信されるので、その中のURLをクリックします。あとは自分が登録したいユーザー名やパスワードを設定して完了です。

Gravatarユーザー名

次に表示したい画像を設定します。「ここをクリックして追加してください!」というリンクを選択します。

Gravatar画像

画像を取得する場所を選択します。

Gravatar画像取得

取得された画像は切り抜くこともできます。

Gravatar画像切り取り

最後に自分のGravatarのレーティングを選択します。

Gravatarレーティング

WordPress側の設定

コメントで名前の横に画像を表示させるには管理画面より「設定」→「ディスカッション」をクリックします。下の方にアバターという項目があるので「アバターを表示する」にチェックが入っているか確認して、もし入ってない場合はチェックを入れます。あとは「評価による制限」という項目がありますが、この設定によってどのくらいの評価までのアバターを表示させるかを指定できます。おそらくデフォルトで「G — あらゆる人に適切」にチェックが入っているかと思います。これはG以外(PG、R、X)のアバターは表示されないということです。最後に「変更を保存」をクリックして終了です。

Gravatarアバター

これで無事コメント欄などで自分のアバターが表示されるようになります。

関連記事

  1. WordPressテーマ「Ignite」

    WordPress

    レスポンシブ対応のクリーン&エレガントなフリーのWordPressテーマ「Ignite」

    個人的にとてもいいなーと思ったWordPressテーマがあったのでメモ…

  2. WordPress

    WordPressプラグイン「WPtap Mobile Detector」を使えばスマートフォン専用…

    WordPressでスマートフォン専用のテーマを作成した場合、iPho…

  3. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressで現在のページのカテゴリー名を出力するにはsingle_cat_titleを使う

    WordPressで現在開いているページのカテゴリー名を出力したい時は…

  4. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressの自動バックグラウンド更新(アップグレード)の設定について

    先日、WordPressのアップグレードがあったので後でやろう思ってい…

  5. Last Updated Shortcode

    WordPress

    最後に更新された日付時間をショートコードで表示できるWordPressプラグイン「Last Upda…

    WordPressの記事内に最後に更新した日付時間を表示できるWord…

  6. WordPress

    ブログの編集作業が捗るWordPressプラグイン「AddQuicktag」

    すごく便利なプラグイン「AddQuicktag」を使ってみました。なん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. カメラマングローブ Grip Hot Shot III
  2. 包(つつむ)巾着ポーチ
  3. KMC-80BK
  4. 味噌ラーメン〜旨辛にんにく味噌〜

Instagram始めました

Facebookページ

PAGE TOP