WordPress

WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定したCSS・JSファイルを読み込む」という記事を書いたんですが、こちらは指定したファイルを読み込ませるものでした。で、今回はカスタムフィールドに設定した値をそのままhead内に読み込ませるカスタマイズです。なので、フルパスで何かを読み込ませてもいいし、CSSやJavaScriptを直書きしても反映してくれるようにしてみます。

[ads_center]

カスタムフィールドの値を読み込ませる

以下をfunctions.phpに記述します。

// header内に任意のコードを読み込む
function head_original_load(){
    if(is_single() || is_page()){
        if($head_original_code = get_post_meta(get_the_ID(), 'head_load', false)){
            foreach($head_original_code as $head_code){
                echo $head_code . "\n";
            }
        }
    }
}
add_action('wp_head', 'head_original_load');

前回のコードを少し削っただけですが、これで好きなコードを読み込ませることができました。

カスタムフィールドの名前にhead_loadと指定して、あとは値に自分が読み込みたいファイルやスクリプトを記述するだけです。カスタムフィールドを設定した数の分だけ読み込むので、複数設定しても大丈夫です。

WordPressカスタムフィールド

例えば上記画像のように、グーグルフォントを読み込んだり、JavaScriptを記述したり、CSSを直接設定したりと自由度が高くなりますね。

カスタムフィールドは設定した記事のみ反映されるので、とても便利です。

jQueryでウィンドウサイズによって処理を変えるjQueryで$.inArrayを使えば配列の中に指定した値が何番目に入ってるか知ることができる前のページ

あとで読む「Readability」にChrome/iPhone/Reederなどから簡単に情報を送る設定方法や使い方色々次のページ

関連記事

  1. WordPressで広告を非表示

    WordPress

    WordPressで指定したタグを付けると広告を非表示にできる設定方法

    意外と設定しておくと便利だと思ったのでメモがてらご紹介します。Word…

  2. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをプラグインなしで設置する簡単なやり方

    WordPressでパンくずリストをWebサイトに設置したいといった時…

  3. WordPress

    AkismetのAPIキーを無料で取得する

    WordPressでブログを始めてみたのでとりあえず定番らしきプラグイ…

  4. WordPress

    WordPressのショートコードをテンプレート(テーマ)内で使用したい時のやり方

    WordPressのショートコードってとても便利ですよね。AddQui…

  5. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressウィジェット内でPHPコードが使用できるプラグイン「PHP Code Widget…

    個人的にとてもうれしいプラグインを発見したので備忘録がてらメモしておき…

  6. WordPress

    WP-DBManagerを使ってWordPressのバックアップを取ってみる

    WordPressのバックアップをプラグインのWP-DBManager…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ハンガリー産 純粋アカシアはちみつ
  2. COMOLI ダブルレイヤー L/Sクルー
  3. メキシコ オアハカ
  4. ドリップ
  5. チェリー

アーカイブ

PAGE TOP