Broken Link Checker

WordPress

リンク切れをチェックできるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

そういえば自分のサイトでリンク切れのチェックをしたことがなかったので、これを機会にしてみることにしました。ツールは色々ありますが、僕は今回Broken Link CheckerというWordPressプラグインを使用することにしました。

Broken Link Checkerの使い方

使い方はこれといって難しい設定は特にありません。Broken Link Checkerというプラグインを検索してインストールした後に有効化します。

管理画面の「ツール」に「リンクエラーをチェック」という項目が追加されるので、これをクリックします。

リンクエラーをチェック

インストールしてすぐにチェックした時はリンクエラーが何もなくて安心していたんですが、翌日になったら47件も見つかっていました……。

どうやらある程度時間がかかるみたいですね。まあ今まで何も手入れしていなかったのでエラーが0なのはおかしいなとは思っていましたが。

リンクエラーの一覧画面を見てみるとこのようになっています。ちょっとスクショ撮る前に1件ゴミ箱に移動してしまったので46になっていますが、全部で47件のエラーがありました。

リンクエラーの一覧画面

設定できるメニューについて

各リンクにマウスオーバーすると、こんな感じでメニューが表示されます。

メニューが表示

メニューでは以下のような設定をすることができます。

  • URLを編集
  • リンク解除
  • リンクエラーでない
  • リンク切れから解除
  • 再確認

とりあえず面倒くさいですが、これから一つ一つ対処していきたいと思います。

ともあれプラグインを使ったリンクエラーチェックは、管理画面からいつでも確認することができるのでとても便利ですね。こまめにブログをメンテナンスしたい人にとっては割とベストな方法なんじゃないかなーと思います。

もちろんプラグインを入れすぎて重くなるのが嫌な人は他のツールを使った方がいいんでしょうけど、できるだけ手間をかけずに管理画面からサクっとチェックしたい方にはオススメです。

というわけで、WordPressを使っている方はBroken Link Checkerでリンク切れのメンテナンスをしてみてはいかがですか?

関連記事

  1. WordPress

    WordPressの管理画面にメモを残せるプラグイン「Quick Notes on the WP D…

    おもしろいプラグインを試してみました。おもしろいというかとても便利だな…

  2. WordPress

    WordPressでアイキャッチ画像を使う場合のサイズ設定や画像ありなし時の振り分けなど

    WordPressにあるアイキャッチ画像がとても便利で、自分もWord…

  3. WordPress

    WordPressでカスタムフィールドを使って任意のコードやファイルをhead内に読み込ませる

    以前「WordPressで特定の記事やページにカスタムフィールドで指定…

  4. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでthe_author()を使えば記事に簡単に投稿者名を表示させることができる

    WordPressで記事を書いた投稿者名を表示させたい時ってあるかと思…

  5. WordPressのログイン時のツールバー
  6. WordPressでパンくずリストを設置

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをプラグインなしで設置する簡単なやり方

    WordPressでパンくずリストをWebサイトに設置したいといった時…

最近の記事

  1. フェルメール展
  2. 上島珈琲店 No.11
  3. 銀座トリコロール

アーカイブ

PAGE TOP