Broken Link Checker

WordPress

リンク切れをチェックできるWordPressプラグイン「Broken Link Checker」

そういえば自分のサイトでリンク切れのチェックをしたことがなかったので、これを機会にしてみることにしました。ツールは色々ありますが、僕は今回Broken Link CheckerというWordPressプラグインを使用することにしました。

Broken Link Checkerの使い方

使い方はこれといって難しい設定は特にありません。Broken Link Checkerというプラグインを検索してインストールした後に有効化します。

管理画面の「ツール」に「リンクエラーをチェック」という項目が追加されるので、これをクリックします。

リンクエラーをチェック

インストールしてすぐにチェックした時はリンクエラーが何もなくて安心していたんですが、翌日になったら47件も見つかっていました……。

どうやらある程度時間がかかるみたいですね。まあ今まで何も手入れしていなかったのでエラーが0なのはおかしいなとは思っていましたが。

リンクエラーの一覧画面を見てみるとこのようになっています。ちょっとスクショ撮る前に1件ゴミ箱に移動してしまったので46になっていますが、全部で47件のエラーがありました。

リンクエラーの一覧画面

設定できるメニューについて

各リンクにマウスオーバーすると、こんな感じでメニューが表示されます。

メニューが表示

メニューでは以下のような設定をすることができます。

  • URLを編集
  • リンク解除
  • リンクエラーでない
  • リンク切れから解除
  • 再確認

とりあえず面倒くさいですが、これから一つ一つ対処していきたいと思います。

ともあれプラグインを使ったリンクエラーチェックは、管理画面からいつでも確認することができるのでとても便利ですね。こまめにブログをメンテナンスしたい人にとっては割とベストな方法なんじゃないかなーと思います。

もちろんプラグインを入れすぎて重くなるのが嫌な人は他のツールを使った方がいいんでしょうけど、できるだけ手間をかけずに管理画面からサクっとチェックしたい方にはオススメです。

というわけで、WordPressを使っている方はBroken Link Checkerでリンク切れのメンテナンスをしてみてはいかがですか?

関連記事

  1. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressのトップページ(index.php)で公式ツイートボタンのURLを各記事別になるよ…

    ちょっとした備忘録です。WordPressのトップページで公式ツイート…

  2. WordPress

    editor-style.cssを使えばビジュアルエディタを実際の記事と同じようにスタイリングできる…

    あんまりビジュアルエディタを使ってないのであれですが、新規の記事を書い…

  3. WordPressにPocketボタンを設置

    WordPress

    WordPressにPocketボタンを設置するやり方

    そういえばPocketのボタンをまだ設置していなかったので、このたび設…

  4. WordPressでmicrodataを使ったパンくずリスト

    WordPress

    WordPressでパンくずリストをmicrodataを使ってマークアップするやり方

    そういえばこのサイトではまだパンくずリストを作成していなかったので今回…

  5. WordPress

    WordPressの公式ロゴマークは公式サイトでダウンロードすることができる

    何気なくWordPress公式サイトを見ていたら、WordPressの…

  6. WordPressのログイン時のツールバー

    WordPress

    WordPressでプラグインなしで関連する記事を一発で呼び出す関数をfunctions.phpに記…

    WordPressのシングルページで、よく記事の終わりにその記事に関連…

最近の記事

  1. 久保田城
  2. ハードサイド CS80
  3. ACC-TRBX
  4. ピスタチオ クリスマス ツリー フラペチーノ

Instagram始めました

Facebookページ

PAGE TOP