Web Service

iPadで人気の手書きノートアプリ「Note Anytime」のiPhone版が登場したので使ってみた

iPadの手書きノートアプリとして話題となった「Note Anytime」のiPhone版が登場したのでさっそく使ってみました。手書きアプリとしてはもう個人的にこれで決まりというくらい滑らかで使い心地が良いです。ちなみに以前iPadのNote Anytimeで使う用にタッチペンを購入していたんですが、これを使うとさらに使いやすくなるのでオススメです。

[ads_center]

基本的な使い方

使い方はiPad版と同様、直感的でわかりやすいので簡単に使えるかと思います。

↓ ペンと消しゴム。

Note Anytimeのペンと消しゴム

↓ ペンの色や大きさなどの設定画面。

Note Anytimeのペンの設定画面

間違ったら「Undo」で1つ前の状態に戻ることができます。ちなみに逆は「Redo」。

Undo機能で1つ前の状態

↓ もちろん文字入力もできます。

文字入力

手書きの文字を動かしたい場合は、なげなわツールのアイコンをタップして。

なげなわツールのアイコンをタップ

移動したい手書き文字を囲みます。

移動したい手書き文字を囲む

あとはこの状態のままドラッグして好きな場所に移動させることができます。

移動出来た

上部にあるメニュー項目も色々と充実しています。画像に変換してアルバムに保存できたり、SNSでシェアしたりと便利な機能がたくさんあります。

上部にあるメニュー項目も充実

右上のアイコンをタップするとノートの一覧を見ることができます。

ノートの一覧を表示

ルート内に新しいフォルダも作成することも。

ルート内に新しいフォルダを作成

実際に手書きで作成してみると、こんな感じでサクっと作ることができます。

Note Anytimeで作成

便利ですね、Note Anytime。

本格的に始めるなら以下のペンもオススメです。かなり書きやすいです。

関連記事

  1. Web Service

    CSSで吹き出しをサクっと作ることができる便利なツール「cssarrowplease」

    CSSでとても簡単に吹き出しを作ってくれる便利なツール「cssarro…

  2. Web Service

    ブログで使う画像を加工・編集して文字入れや矢印も簡単に挿入できるSkitchの基本的な使い方

    毎回ブログで使う画像はPhotoshopで編集したりしてたんですが、も…

  3. Web Service

    あとで読むiPhoneアプリ「Read It Later」の基本的な設定や簡単な使い方

    あとで読むためのiPhoneアプリ「Read It later」が流行…

  4. Web Service

    iPhoneからWordPressの投稿や固定ページ編集、コメント承認もできるアプリ「WordPre…

    前回iPhoneからWordPressの記事を投稿、編集できるアプリ「…

  5. Web Service

    MacのReederで画面右上にRead It LaterとTwitterのアイコンを表示させるやり…

    MacのReederがとても快適なのでちょくちょく使っているんですが、…

  6. Web Service

    CSSで使えるカラーネームの一覧を見やすく表示してくれる「147 Colors」

    覚えておくと便利そうだったのでメモしときます。CSSでも使える147種…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. スタンスミス(EDIFICE/IENA別注)
  2. WI-1000XM2
  3. mill オイルヒーター
  4. Anker PowerWave 10 Pad & Stand セット

アーカイブ

PAGE TOP