Web Service

MacのReederで画面右上にRead It LaterとTwitterのアイコンを表示させるやり方

MacのReederがとても快適なのでちょくちょく使っているんですが、後で読みたい時にRead It Laterに追加したり良い記事をツイートしてシェアしたい時ってあるかと思います。で、Reederの画面内に1クリックで連携できるアイコンがほしくて探していたら期待していた通りアイコンを追加することが可能だったのでメモがてらエントリーしてみました。

[ads_center]

やり方

まずは上部メニューから「Reeder」→「Preferences」をクリックします。

MacのReederにRead It LaterとTwitterのアイコンを追加する01

開いたら、上部の「Services」を選択して「ReadItLater」をクリックします。で「Show in toolbar」チェックを入れます。

MacのReederにRead It LaterとTwitterのアイコンを追加する02

同じようにTwitterも設定します。他にもエバノートなど色々なサービスもあるので必要なものがあれば同様に設定します。これで画面に戻って右上を見てみると。

MacのReederにRead It LaterとTwitterのアイコンを追加する03

こんな感じでアイコンが追加されています。これで簡単に連携することができますね。とても便利っす。

関連記事

  1. SimilarSites

    Web Service

    似ているサイトを検索して探してくれる「SimilarSites」

    ちょっと面白かったのでご紹介します。似ているサイトを検索して探してくれ…

  2. Web Service

    ストライプの背景パターンをサクっと作ることができる「Striped Backgrounds」

    とてもシンプルで使いやすいかったのでメモがてらエントリー。背景なんかに…

  3. Noise Texture

    Web Service

    手軽にノイズテクスチャの画像を作成できるツール「Noise Texture」

    手軽にノイズテクスチャの画像を作成できる便利なツール「Noise Te…

  4. Web Service

    CSSで吹き出しをサクっと作ることができる便利なツール「cssarrowplease」

    CSSでとても簡単に吹き出しを作ってくれる便利なツール「cssarro…

  5. Web Service

    ノイズを入れた画像を作ることができる「NoisePNG」の使い方

    ノイズを入れた画像を作ることができる「NoisePNG」を使ってみまし…

  6. Evernoteでマージの使い方と復元方法

    Web Service

    Evernoteで複数のノートを整理(まとめる)できるマージの使い方と復元方法

    Evernoteで似たような内容をメモした複数のノートを一つにまとめて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Slim Sleeve Wine

アーカイブ

PAGE TOP