Web Service

画像を右クリックから簡単にサイズやパス、容量などを確認できるChrome拡張機能「Image Properties Context Menu」

Web制作をしている時にプレビュー画面から手軽に画像サイズやパス(URL)などの詳細を確認できたら便利ですよね。そんな時にChromeの拡張機能「Image Properties Context Menu」をインストールすれば、右クリックから簡単に画像情報を確認することができます。これでいちいちソースを確認しなくてもいいので作業効率も上がりそうですね。以下使い方です。

[ads_center]

使い方

まずはChromeのウェブストアから「Image Properties Context Menu」をインストールします。

これで、詳細を知りたい画像の上で右クリックすると「Image Properties」という項目が追加されるようになるので、それをクリックすると画像情報を見ることができます。

Image Properties Context Menu 使い方01

こんな感じで画像上で右クリックから「Image Properties」をクリックすると。

Image Properties Context Menu 使い方02

このように画像情報を簡単に確認することができます。これは便利ですね!

また、右側にある虫眼鏡のアイコンにカーソルを合わせると画像をズームできるスライダーが表示されます。

Image Properties Context Menu 使い方03

これを左右に調整することで拡大したり縮小することができます。こちらも便利な機能ですね。

Image Properties Context Menu 使い方04

ということで、画像サイズはもちろん、パスや容量までサクッと確認することができるのでオススメです。

レスポンシブにも対応している人気のjQueryプラグインのスライダー「Nivo Slider」の使い方前のページ

テキストの一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラグイン「dynamo.js」次のページ

関連記事

  1. Web Service

    URLを入れるだけでレスポンシブなWebデザインを色々なデバイスで表示確認できる「The Respo…

    スマートフォンやタブレットなんかの色々なデバイスで表示確認することがで…

  2. Web Service

    iPhoneアプリ「Resize Photo」を使って撮った画像を好きなサイズにリサイズする

    iPhoneで撮った画像をリサイズしたい時ってありますよね。Resiz…

  3. Web Service

    pxからemに文字サイズを変換してくれるツール「px-em」

    最近ではレスポンシブWebデザインなどで文字サイズにemを使う機会も増…

  4. Web Service

    背景パターンをお手軽に作成することができる「BgPatterns」

    背景パターンをとてもお手軽に作成することができるWebアプリ「BgPa…

  5. Web Service

    ボタン1つでCSSファイルを軽量化!圧縮や整形が簡単にできる「csCSSc」

    CSSファイルを簡単に圧縮したり整形したりできるツール「csCSSc」…

  6. iPhoneのアプリアイコンを取得

    Web Service

    iPhone、iPad、Macのアプリ画像(アイコン)を取得する方法

    iPhoneやiPad、またはMacのアプリ画像(アイコン)を取得した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ハワイ カウ
  2. ぼんしゃん全部入り
  3. ナイトロコーヒー
  4. チーズベーコンエッグバーガー
PAGE TOP