HTML特殊文字変換ツール

Web Service

テキスト内のHTML特殊文字を変換してくれる便利なツール

テキスト内にあるHTML特殊文字を変換してくれる便利なツールがあったのでご紹介します。例えばサイトのページにHTMLなどを載せたいといった場合、そのままだとコードとして認識されてしまうので、こういったツールで特殊文字を変換してから記述する必要があります。自分で手直ししていくのはかなり面倒くさい作業なのでこういったツールがあればほんと助かりますね。

[ads_center]

デコードもエンコードもできる

まずは特殊文字に変換するか、通常テキストに変換するかのどちらかを選択します。HTMLをそのままサイトに載せたい場合には特殊文字に変換します。逆に特殊文字をHTMLやコードに戻したい場合には通常テキストに変換すればOKです。

あとは変換するテキストを入力して「変換する」ボタンをクリックするだけです。こんな感じで特殊文字に変換されました。

HTMLを特殊文字に変換するツール

逆に特殊文字をコードに変換したい場合も、このようにちゃんとコードに変換されます。この場合は「通常テキストに変換」にチェックをつけておく必要があります。

通常テキストにも変換できる

ということで、いざという時に役立つHTML特殊文字変換ツールでした。

関連記事

  1. Web Service

    現在見ているページのタイトルとURLを1クリックでコピーできるChrome拡張機能「Copy Tit…

    とても便利そうだったので試してみました。現在見ているページのタイトルと…

  2. Web Service

    ブログで使うCC(クリエティブコモンズ)対象の画像をFlickrやGoogleから簡単に探してくれる…

    ブログでその記事に関連するアイキャッチ画像を入れたりしたい時があるかと…

  3. Sticky Notes

    Web Service

    付箋にメモを書いて画面内に複数追加できるChrome拡張機能「Sticky Notes」

    とても便利なChrome拡張機能を見つけたのでご紹介します。画面内にメ…

  4. Web Service

    コピペチェックツールに最適!テキスト比較でどこが違うか発見できる「difff《デュフフ》」

    これはコピペチェックツールとして最適ですね。2つの文章を比較してどこが…

  5. EmChart

    Web Service

    CSSでフォントサイズをem指定する時に便利なEmChart

    レスポンシブWebデザインなどによりem指定をする機会が多くなってきて…

  6. Web Service

    CSSで多彩なエフェクトをつけることができるジェネレーター「CSSPainter」

    CSSで多彩なエフェクトをつけることができるジェネレーター「CSSPa…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. s9+
  2. SRS-LSR200
  3. QC30
  4. リンツ リンドール

アーカイブ

PAGE TOP