FRAME

Web Service

iPhoneやMacにスクリーンショットを埋め込んで画像作成できるツール「FRAME」

FRAMEというとても便利なツールを使ってみました。iPhone、iPad、Macといった様々なデバイスにスクリーンショットを埋め込んで画像を作成することができます。ブログのアイキャッチ画像で使ったりと何かと使いどころはあるのではないでしょうか。

[ads_center]

FRAMEの使い方

FRAME

FRAME

使い方はとても簡単です。無料で使えるのも嬉しいところです。

まずはスクリーンショットを埋め込みたいデバイスのフレームを選択します。AppleのパソコンやiOS・Androidのスマホやタブレットなどいろいろと用意されています。

デバイスのフレームを選択

とりあえずここではMacを選択してみます。Macを選択すると、さらにたくさんのバリエーションが出てきます。MacBook ProやiMac、またはMacBook Airなど様々です。

たくさんのバリエーション

自分の好きなフレームを選択したら、右側にある「Upload Image」から埋め込みたいスクリーンショットをアップロードします。

スクリーンショットをアップロード

そして、埋め込む範囲を設定すればOKです。

埋め込む範囲を設定

こんな感じでスクリーンショットを埋め込んだ画像が簡単に出来上がります。めっちゃ便利ですね。

スクリーンショットを埋め込んだ画像

というわけで、他にも豊富なフレームのバリエーションがあるので、ぜひ覚えておきたいツールですね。

関連記事

  1. Box Shadow

    Web Service

    CSSでボックスシャドウを作成してくれるジェネレーター「Box Shadow」

    CSSでボックスシャドウを簡単に作成できるジェネレーター「Box Sh…

  2. Web Service

    ATOK Pad(Mac)を使ってみたら呼び出しも簡単で使いやすかった

    ATOK Pad(Mac)をインストールしてみました。ちょっとしたメモ…

  3. Web Service

    PNG画像をブラウザ上にアップロードするだけでファイルサイズを圧縮することができる「PunyPNG」…

    ブラウザ上でローカルに保存してある画像をアップロードするだけで簡単にフ…

  4. Web Service

    Macで簡単に画像を切り取ったりぼかしやモザイクを入れることができるアプリ「ToyViewer」

    ToyViewerというMacのアプリを使ってみました。起動や動作も早…

  5. Web Service

    iPhoneアプリのPictShareを使えば画像を簡単にDropboxやEvernoteなど色々な…

    iPhoneに入っている画像を簡単かつ素早くアップロードできるアプリ「…

  6. EmChart

    Web Service

    CSSでフォントサイズをem指定する時に便利なEmChart

    レスポンシブWebデザインなどによりem指定をする機会が多くなってきて…

最近の記事

  1. USB-2H401BKN
  2. Dyson Pure Cool Me
  3. ルック セレクション
  4. シルキーウインドモバイル

アーカイブ

PAGE TOP