Web Service

CSS3を使って超カンタンにクールなボタンを作ることができるジェネレーター「Button Maker」の使い方

CSS3を使ってとても簡単にクールなボタンを作ることができるジェネレーター「Button Maker」を使ってみました。複雑な機能が一切なくてとてもシンプルで使いやすいジェネレーターといった印象です。ボタンを作りたい時なんかに覚えておくと役立つこと間違いないですね。ということで簡単な使い方です。

[ads_center]

使い方

右にあるバーを左右にスライドさせることでボタンの大きさや形を調整することができます。

こんな感じで丸くしたり。

Button Makerの使い方01

四角くしたり。

Button Makerの使い方02

ボタンのグラデーションカラーやフォントカラーも自由に設定できます。実際にボタンの形を確認しながら作れるのはやっぱり便利ですよね。

Button Makerの使い方03

出来上がったらボタンをクリックしてCSSのソースを確認することができます。

Button Makerの使い方04

こんな感じでソースを取得することができます。

Button Makerの使い方05

ということで使い方もとてもシンプルなのでボタンを作る際にはオススメです。

関連記事

  1. Web Service

    話題のiPhoneのTODO管理アプリ「Clear」を使ってみた

    いくつかの記事で話題になっていたTODO管理アプリのClearがいつの…

  2. Web Service

    住所や建物名を入力するとGoogleマップの座標を取得することができる

    地図上で、ある地点の座標を知りたいといった時があるかと思います。そんな…

  3. Web Service

    色々なブランドカラーの値を知ることができる「BrandColors」

    ちょっとした参考になりそうだったのでメモがてらご紹介します。色々なブラ…

  4. Web Service

    ドラッグしたテキストを音声で読み上げてくれるChrome拡張機能「SpeakIt!」を使ってみた

    こういうの欲しかったのでかなり嬉しいです。ドラッグしたテキストを音声で…

  5. Web Service

    CSSでBorder Radiusだけのコードを生成してくれるジェネレーター「CSS Border …

    CSSでBorder Radiusだけのコードを生成してくれるジェネレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. マリアージュ フレール 紅茶チョコレート
  2. CD-ADE1BK
  3. 渋谷スクランブルスクエアからの夜景

アーカイブ

PAGE TOP