Web Service

テキストのCSSを手軽に設定できる「CSS Type Set」

ちょっと確認したい時なんかによさそうですね。フォントやフォンサイズなどといったテキストに関するCSSを手軽に設定できる「CSS Type Set」を使ってみました。フォントカラー、太字、イタリック、左揃え、中央揃え、右揃えなどといったテキストに関するCSSを簡単に指定していくだけで、コードを取得できます。ということで以下使い方です。

[ads_center]

使い方

こんな感じで、まずは「Enter Text」のボックスに好きな文字を入力していきます。ちなみに設定を変更する度にここでプレビューも確認することができます。

Enter Text内に文字を入力

フォントもこんな感じでいくつか選ぶことができます。

フォントを選択

他にもletter-spacingやline-heightなんかも設定することができます。で、最後に「View CSS」でコードを取得でます。便利ですね。

コードを取得

ということで、テキストのCSSを手軽に設定できて、プレビューもすぐに反映されるのでテキストをスタイリングする時に活用していきたいですね。

以下からご利用できます。

リスト化したテキストを円になるように配置してくれるjQueryプラグイン「Extremes」前のページ

Photoshopで空を簡単に青く晴れた感じにするやり方次のページ

関連記事

  1. HTML特殊文字変換ツール

    Web Service

    テキスト内のHTML特殊文字を変換してくれる便利なツール

    テキスト内にあるHTML特殊文字を変換してくれる便利なツールがあったの…

  2. EmChart

    Web Service

    CSSでフォントサイズをem指定する時に便利なEmChart

    レスポンシブWebデザインなどによりem指定をする機会が多くなってきて…

  3. Web Service

    Macでテキストをコピーした際にプレーンテキストにしてくれるアプリ「FormatMatch」

    Macでテキストなどをコピーしてエバノートなんかに貼り付けると余計な装…

  4. Spotifyでクロスフェードさせる設定方法

    Web Service

    Spotifyで曲と曲の境目をDJっぽくクロスフェードさせる設定方法

    最近よくSpotifyで音楽を聴いています。あまりにも便利なのでプレミ…

  5. ブラウザでストップウォッチ

    Web Service

    ブラウザで手軽にストップウォッチが利用できるサービス

    ブラウザでちょっと何かの時間を計りたい時に役立つストップウォッチのサー…

  6. Web Service

    ブラウザに好きな時間のタイマーをセットしてカウントダウンしてくれるE.gg Timerがとても便利

    ブラウザに自分の好きな時間を入れてenterを押すだけでタイマーをセッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. SRS-XB43
  2. Nu:kin
  3. フィールグッドシャワー

アーカイブ

PAGE TOP