Web Information

音を鳴らしたくない場所で便利!iPhoneのアラームをバイブだけに設定するやり方

例えば電車の中やカフェなんかで、ちょっとだけ仮眠しようとした時にiPhoneのアラームを設定したいということがあるかと思います。ただ、そういった場所でアラームを設定すると、いきなり音がなってびっくりしちゃいますよね。なので、今回はそんな場所でもアラームを使えるように「音」を鳴らさず「バイブ」だけが鳴る設定のやり方をいくつかご紹介します。

[ads_center]

便利なアプリ「Vibalarm」を使う

まずは一番お手軽な方法。Vibalarmというアプリで、名前の通りバイブだけのアラームを設定することができます。カウントダウン式になっており、画面の数字から自分の好きな時間を選択してスタートするだけなのでとてもお手軽ですね。

Vibalarm

分単位や秒単位(minutes/seconds)なども選択できます。アプリをインストールするだけなのでとても簡単ですね。

音が入ってない無音ファイルを使う

もう1つのやり方としては、こちらもそれなりに手軽でいいかと思います。音が入っていない無音ファイルを着信音に設定するやり方です。無音ファイルは以下のサイトからダウンロードすることができます。

で、iTunesを開き上部メニューから「ファイル」→「ライブラリに追加」をクリックして、先程のダウンロードしたファイルを追加します。

ライブラリに追加する

あとはiPhoneと同期をしていきます。ちなみに「着信音を同期」にチェックを入れておく必要があります。

着信音を同期にチェック

同期が終わったら、時計アプリからアラームを設定していきます。アラームの設定方法については以下をどうぞ。

サウンドをiPhoneに取り込んだ「無音」にしてアラームを設定します。

サウンドを無音に設定

これで、アラームを指定した時間になると、バイブだけが鳴ります。

というわけで、iPhoneのアラームをバイブだけに設定するやり方についてでした。これで、電車やカフェといった音を鳴らしたくない場所でも気軽にアラームをセットできますね。

最近では
ブレスレット型バイブレーター
など色々な選択肢がありますが、iPhoneだけで出来るやり方を覚えておけば何かと役立ちますね。

↓ 以下のアプリも手軽でオススメです!

iPhoneでアラームを設定するやり方前のページ

Google Chromeで今見ているページのツイート数を知ることができる拡張機能「Twitterつぶやきカウンター」次のページ

最近の記事

  1. trolox(トロロックス)
  2. ホットコーヒー
  3. すぱじろうのたらことサーモンと千寿ねぎのすぱ
  4. 2022.09.14

    ボルダリング

PAGE TOP