URLをハイライト表示させるショートカットキー

Web Information

ChromeでURL欄にカーソルを合わせる(ハイライト表示)ショートカットキー

最近覚えたChromeの役立つショートカットキーをご紹介します。URL欄にカーソルを合わせるショートカットキーです。これを使えば簡単にURLをハイライト表示させることができるので、すぐに検索したい時なんかにすごく便利です。

やり方

URL欄にあるURLをハイライト表示させるショートカットキーのやり方は、Macの場合「command + L」になります。

Windowsの場合は「Ctrl + L」もしくは「Alt + D」です。

今までマウスやトラックパッドでわざわざカーソルをURL欄まで持っていってましたが、今考えるとすごくめんどくさいですよね。1日の内に何回もURL欄から検索するので、そういったショートカットこそ覚えておきたいところです。

commad + Tで新規タブから検索するのもいいんですが、今見ているウィンドウが用済みの場合はそれを閉じなきゃいけないので、それだったらそのウィンドウから新たに検索した方が手っ取り早くて楽ですからね。

というわけで、ChromeでURLをハイライト表示させるショートカットキーのやり方でした。

Toastアニメーション付きでスタッキングしていくメッセージ通知「Toast」前のページ

Photoshopでレイヤーが複数ある状態でCamera Raw フィルターを使う方法次のページPhotoshopのCamera Raw フィルター

関連記事

  1. タブの順番を入れ替える

    Web Information

    iPhoneのSafariで複数あるタブの順番を入れ替える(並べ替え)やり方

    iPhoneのSafariでブラウジングしているといつの間にかタブがた…

  2. CSSViewer

    Web Information

    特定の要素のCSSを手軽に確認できるChrome拡張機能「CSSViewer」

    CSSViewerというChrome拡張機能を使ってみました。特定の要…

  3. Web Information

    iPhone版Chromeアプリで自動で飛ばされるスマホ専用ページをPCページで表示させるやり方

    個人的にとても便利な機能だったのでメモがてらご紹介します。iPhone…

  4. CSS Dig

    Web Information

    CSSをプロパティから解析してくれるChrome拡張機能「CSS Dig」

    CSS DigというChrome拡張機能を使ってみました。今まであまり…

  5. SVG Loaders
  6. RollPaper

    Web Information

    Webページのスクリーンショットを上から下まで全体を撮れるiPhoneアプリ「RollPaper」

    Webページのスクリーンショットを上から下までの全体を1枚の画像で保存…

最近の記事

  1. CAR-HLD12BK
  2. OWL-LPB6701LA
  3. cheero Power Mountain mini 30000mAh CHE-110

アーカイブ

PAGE TOP