Gmailの送信メール取り消し設定

Web Information

Gmailで送信メールを取り消し(キャンセル)する設定方法

先日、GmailのWeb版に送信メールの取り消し機能が採用されたのでさっそく使ってみました。これで「間違ってメールを送信してしまった!」といった事態でも取り消し制限時間内でしたらキャンセルすることが可能になります。というわけで、以下その設定方法をご紹介します。

送信取り消し機能を有効にする

まずデフォルトでは送信取り消し機能が無効になっているので、これを有効に設定する必要があります。

設定を選択

送信取り消し機能を有効にする

あとはそのまま画面下へ行き「変更を保存」をクリックします。これでGmailの送信取り消し機能が有効になりました。

取消

取り消すことができた

送信取り消し機能を待ち望んでいた方にとっては、ようやくこれでひと安心といったところではないでしょうか。

ただし取り消し可能な時間は最大で30秒なので、このあたりの制限にまだ不満を感じる方は多いかもしれませんね。

今回はWeb版でのGmailについてご紹介しましたが、他にもGoogleのメールアプリ「Inbox」でも利用することができるとのことなので、そちらもあとで試してみたいと思っています。

関連記事

  1. Web Information

    MacのCyberduckで.htaccessファイルなどの非表示ファイルを表示させるやり方

    MacのFTPクライアントはCyberduckを使っているんですが、先…

  2. Web Information

    自分のGoogleアナリティクスコードが勝手に他人のサイトで使われていた時の対処方法

    昨日ふとGoogleアナリティクスを見ていたら、自分の知らないページが…

  3. Web Information

    iPhoneとMacをUSBテザリングで接続するやり方

    前回iPhoneとMacをBluetoothテザリングするやり方を記事…

  4. Responsive Inspector
  5. Web Information

    Googleニュースで自分の好きなキーワードのRSSを取得する方法

    何かのキーワードを調べたい時に、Googleニュースでそのキーワードの…

最近の記事

  1. Anker PowerPort Atom PD 4
  2. USB-2H401BKN
  3. Dyson Pure Cool Me
  4. ルック セレクション

アーカイブ

PAGE TOP