拡大・縮小させるChromeのショートカットキー

Web Information

ページ画面のサイズを拡大・縮小するChromeのショートカットキー

ページ画面のサイズを拡大したり縮小したりするChromeのショートカットキーをご紹介します。フォントサイズが小さくて見づらい時や画像を大きく表示させたい時なんかによく使うので覚えておくととても便利です。

やり方

Macの場合は以下のショートカットキーで拡大・縮小することができます。

  • 拡大:command と +キー
  • 縮小:command と -キー

Windowsの場合は上記の「command」部分を「ctrl」に置き換えればOKです。これでページ全体のサイズを大きくしたり小さくしたりすることができます。

Macだとトラックパッドのピンチアウトやピンチインでも拡大・縮小するんですが、大きくしすぎたり小さくしすぎたりと、なかなか狙ったサイズにいかないことが多いです。

なので個人的にはショートカットキーを使った方がピンポイントで目的のサイズに調節しやすいと思っています。

というわけで、Chromeでページ画面のサイズを拡大・縮小させるショートカットキーのやり方についてでした。

アニメーション付きの水平・垂直プログレスメーターを実装できる「jQMeter」前のページ

ブラーエフェクトを効果的に取り入れる「Motion Blur Effect with SVG」次のページMotion Blur Effect with SVG

関連記事

  1. Web Information

    iTunesで曲が変更された時に画面右上に出る通知を非表示にするやり方

    iTunesでよく音楽を聴きながらPC作業をするんですが、最近ちょっと…

  2. Web Information

    ホームページを直感的で簡単に作成できるWixの新エディタを使ってみた【PR】

    プロが作ったようなホームページを簡単に作成できるウェブサイトビルダー「…

  3. Chromeのブックマークバーの表示・非表示を切り替えるショートカットキー
  4. Web Information

    Google +1(プラスワン)ボタンを今更ながら設置してみた

    当ブログには現在Twitter、Facebook、はてなブックマークの…

  5. Responsive Full Width Tabs
  6. CSSViewer

    Web Information

    特定の要素のCSSを手軽に確認できるChrome拡張機能「CSSViewer」

    CSSViewerというChrome拡張機能を使ってみました。特定の要…

最近の記事

  1. ハワイ カウ
  2. ぼんしゃん全部入り
  3. ナイトロコーヒー
  4. チーズベーコンエッグバーガー
PAGE TOP