jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

JavaScript

jQueryでsetTimeoutを使えば各要素のアニメーションを実行させる時間を調整できる

jQueryのsetTimeoutを使えば何秒後に実行するかといったことができるようになります。例えば、この要素は○秒後に実行、あの要素は○秒後に実行といった感じで何気に使う機会が出てきそうな感じですね。今後のためにもサンプル的なものも作って残しておきます。

[ads_center]

setTimeoutの使い方

以下のようにして使います。

setTimeout(function() {
    ・・・処理・・・
}, ミリ秒);

以下は実行ボタンをクリックするとsample1から順番にすべて1秒後に移動し始めるサンプルです。移動後の処理はanimateのコールバック関数にsetTimeoutを使って時間をずらすようにしています。

サンプル


sample1
sample2
sample3

HTML

<input type="button" value="実行" id="sample-run">
<input type="button" value="リセット" id="sample-reset">
<div id="sample-wrap">
    <div class="sample1">sample1</div>
    <div class="sample2">sample2</div>
    <div class="sample3">sample3</div>
</div>

CSS

#sample-wrap {
    border: 1px solid #ccc;
    width: 600px;
    height: 600px;
    line-height: 600;
    margin: 20px auto;
    position: relative;
}
.sample1,
.sample2,
.sample3 {
    background: #06F;
    color: #fff;
    width: 100px;
    height: 100px;
    margin: 20px;
    line-height: 100px;
    font-size: 13px;
    font-weight: bold;
    text-align: center;
    position: absolute;
}
.sample1 {
    top: 0;
    left: 0;
}
.sample2 {
    top: 120px;
    left: 0;
}
.sample3 {
    top: 240px;
    left: 0;
}

JavaScript

$(function(){
    function animateValue(top, left){
        var animate_value = {
            top: top,
            left: left
        };
        return animate_value;
    };

    $('#sample-run').click(function(){
        setTimeout(function(){
            $('.sample1').animate(animateValue(120, 120), 2000, function(){
                setTimeout(function(){
                    $('.sample2').animate(animateValue(240, 240), 2000, function(){
                        setTimeout(function(){
                            $('.sample3').animate(animateValue(120, 360), 2000);
                        }, 1000);
                    });
                }, 1000);
            });
        }, 1000);
    });

    $('#sample-reset').click(function(){
        $('.sample1, .sample2, .sample3').stop();
        $('.sample1').animate(animateValue(0, 0), 1000);
        $('.sample2').animate(animateValue(120, 0), 1000);
        $('.sample3').animate(animateValue(240, 0), 1000);
    });
});

WordPressでシェアする為のプラグインベスト10前のページ

jQueryでパターン化されたクラス名をループで1つずつ取り出して処理する次のページjQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

関連記事

  1. no-image

    JavaScript

    jQueryの代わりに使用できるマイクロJavaScriptライブラリ「Selector」

    Selectorは、jQueryの代わりに使用することができるマイクロ…

  2. Letter Drop

    JavaScript

    雨のように文字が落ちてくるアニメーションのjQueryプラグイン「Letter Drop」

    Letter DropというjQueryプラグインを使えば、雨のように…

  3. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryの基本的なanimateメソッドを使って適当に遊んでみる

    jQueryのanimateメソッドを使えば自分で好きなようにアニメー…

  4. jQuery Equal Height

    JavaScript

    異なる要素の高さを揃えてくれる「jQuery Equal Height」

    jQuery Equal Heightは、異なる要素の高さをキレイに揃…

  5. cascadingDivs
  6. jquery.simple-scroll-follow

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. そそそ 明太クリームそうめん
  2. すしざんまい
  3. 蒼龍唐玉堂 特製牛バラ担々麺
  4. サーモンアボカドサラダラップとドリップ
  5. 猿田彦フレンチ

アーカイブ

PAGE TOP