no-image

JavaScript

親要素の下端まで要素を固定表示できる「Scroll With Page」

Scroll With Pageはスクロールしても特定の要素を固定表示したままにできるjQuery拡張機能です。おもしろいのは親要素の制約を受けることができるという点です。これにより、固定表示できる領域を親要素の下端までにすることができます。

Scroll With Page

Scroll With Page

デモでは親コンテナ内にサイドバーウィジェットが設置されています。下にスクロールしていくとこのサイドバーウィジェットは固定表示されたままになりますが、親コンテナの下端までスクロールされると、それ以降は親コンテナとともに上に上がっていきます。

親要素の制約に依存するので、必ずしもページのどの位置にいても常に固定表示されるというわけではありません。親要素の制約を利用して、特定の領域まで固定表示したい要素がある場合にはとても便利な機能になりますね。

というわけで、親要素の制約に制限された固定表示機能を実装できる「Scroll With Page」の紹介でした。

関連記事

  1. notifier

    JavaScript

    Webサイトにシンプルな通知を表示させるjQueryプラグイン「notifier」

    notifierはWebサイトにシンプルな通知を表示させることができる…

  2. Dropit

    JavaScript

    シンプルでフレキシブルなドロップダウンメニュー「Dropit」

    Dropitはシンプルでフレキシブルなドロップダウンメニューを実装でき…

  3. 2013年下半期jQueryプラグインまとめ

    JavaScript

    2013年下半期に紹介したjQueryプラグイン68選まとめ

    今年も残すところあとわずかとなりました。今年もたくさんのjQueryプ…

  4. qpScroll
  5. autoscroll.js

    JavaScript

    コンテンツを自動でスクロールしてくれるjQueryプラグイン「autoscroll.js」

    autoscroll.jsはwebページ内のコンテンツを自動でスクロー…

  6. Tabby

    JavaScript

    軽量でシンプルなタブメニューを実装できるjQueryプラグイン「Tabby」

    とても軽量でシンプルなタブメニューを実装できるjQueryプラグイン「…

最近の記事

  1. ルック セレクション
  2. シルキーウインドモバイル
  3. アリエール パワージェルボール3D
  4. NuAns × Shibaful TAGPLATE

アーカイブ

PAGE TOP