no-image

JavaScript

親要素の下端まで要素を固定表示できる「Scroll With Page」

Scroll With Pageはスクロールしても特定の要素を固定表示したままにできるjQuery拡張機能です。おもしろいのは親要素の制約を受けることができるという点です。これにより、固定表示できる領域を親要素の下端までにすることができます。

Scroll With Page

Scroll With Page

デモでは親コンテナ内にサイドバーウィジェットが設置されています。下にスクロールしていくとこのサイドバーウィジェットは固定表示されたままになりますが、親コンテナの下端までスクロールされると、それ以降は親コンテナとともに上に上がっていきます。

親要素の制約に依存するので、必ずしもページのどの位置にいても常に固定表示されるというわけではありません。親要素の制約を利用して、特定の領域まで固定表示したい要素がある場合にはとても便利な機能になりますね。

というわけで、親要素の制約に制限された固定表示機能を実装できる「Scroll With Page」の紹介でした。

関連記事

  1. swipe-menu-js

    JavaScript

    横からスライド・スワイプ表示するハンバーガーメニュー実装「swipe-menu-js」

    swipe-menu-jsは横からスライド・スワイプ表示するシンプルな…

  2. Sticky Slider Navigation(Responsive)
  3. jQuery PieTimer

    JavaScript

    時間の経過とともに円形が欠けていくタイマー「jQuery PieTimer」

    jQuery PieTimerは時間の経過とともに円形のデザインが欠け…

  4. jquery.stepper.js

    JavaScript

    マウス操作で値の増減ができるjQueryプラグイン「jquery.stepper.js」

    jquery.stepper.jsは、マウス操作から手軽に値の増減を行…

  5. JavaScript

    テキストの一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラグイン「dynamo.js」

    テキストで指定した一部分をサラっとアニメーションさせるjQueryプラ…

最近の記事

  1. Anker PowerPort Atom PD 4
  2. USB-2H401BKN
  3. Dyson Pure Cool Me
  4. ルック セレクション

アーカイブ

PAGE TOP