no-image

JavaScript

親要素の下端まで要素を固定表示できる「Scroll With Page」

Scroll With Pageはスクロールしても特定の要素を固定表示したままにできるjQuery拡張機能です。おもしろいのは親要素の制約を受けることができるという点です。これにより、固定表示できる領域を親要素の下端までにすることができます。

Scroll With Page

Scroll With Page

デモでは親コンテナ内にサイドバーウィジェットが設置されています。下にスクロールしていくとこのサイドバーウィジェットは固定表示されたままになりますが、親コンテナの下端までスクロールされると、それ以降は親コンテナとともに上に上がっていきます。

親要素の制約に依存するので、必ずしもページのどの位置にいても常に固定表示されるというわけではありません。親要素の制約を利用して、特定の領域まで固定表示したい要素がある場合にはとても便利な機能になりますね。

というわけで、親要素の制約に制限された固定表示機能を実装できる「Scroll With Page」の紹介でした。

関連記事

  1. jquery.confirm

    JavaScript

    jQueryとBootstrapを使ったボタンとリンクによるダイアログ実装「jquery.confi…

    jquery.confirmは、ページ内のボタンやリンクをクリックする…

  2. Prism Effect Slider

    JavaScript

    プリズム効果を実装することができるスライダー「Prism Effect Slider」

    おもしろいスライダーがあったのでご紹介します。Prism Effect…

  3. jQuery Stick ‘em

    JavaScript

    スクロール時にその場所のコンテンツに応じたサイドバーが追従する「jQuery Stick ‘em」

    ちょっと使いどころがありそうなプラグインだったので使い方をメモしときま…

  4. jQuery-LightBox

    JavaScript

    軽量でモバイルフレンドリーなLightbox実装「jQuery-LightBox」

    jQuery-LightBoxは、軽量でレスポンシブにも対応したモバイ…

  5. Auto-Text-Scroll

    JavaScript

    自動でテキストが垂直にスクロールしていく「Auto-Text-Scroll」

    Auto-Text-Scrollは自動でテキストが垂直でスクロールして…

  6. Text Effects

    JavaScript

    テキストがカシャカシャ切り替わって表示するjQueryプラグイン「Text Effects」

    Text EffectsというjQueryプラグインを使えば、テキスト…

最近の記事

  1. ワンタッチ着脱フィルターキット
  2. Soundcore Ace A1
  3. cheero USB-C PD Charger 60W
  4. DY-S01

アーカイブ

PAGE TOP