JavaScript

フルスクリーンで画像などの要素を表示させることができるJSライブラリ「screenfull.js」

screenfull.jsは画像などの要素をフルスクリーンで表示させることができるJSライブラリです。画面を最大限フルに使ってコンテンツを閲覧したいといった時に便利ですね。Fullscreen APIのクロスブラウザで使用することができます。

[ads_center]

screenfull.js

screenfull.jsの実際のデモ動作は以下から確認することができます。

screenfull.js

デモ

コンテンツを全画面で表示することでじっくりと見ることができますね。特に画像や動画といったコンテンツと相性がよさそうです。動画だと迫力や臨場感も伝わってきますし、画像なら細部までしっかりと確認することができそうです。

screenfull.jsは画面をフル活用したコンテンツを表示させたい時にとても良さそうですね。

シンプルでスワイプにも対応したスライダーならSimple jQuery sliderがオススメ前のページ

jQueryプラグイン・2014年下半期70選まとめ次のページjQueryプラグイン

関連記事

  1. Responsive Sidebar Navigation
  2. Material Design Responsive Table
  3. Inspiration for Letter Effects

    JavaScript

    印象的なテキストエフェクトを実装する「Inspiration for Letter Effects」…

    anime.jsを活用した、印象的でとってもかっこいいテキストエフェク…

  4. Gradientify

    JavaScript

    シンプルなCSSグラデーション変化を実装できる「Gradientify」

    GradientifyはシンプルなCSSグラデーション変化を実装するこ…

  5. no-image

    JavaScript

    背景にSVGによるライン(線)をランダムで生成する「ckLine.js」

    ckLine.jsは背景にSVGによるライン(線)をランダムで生成する…

  6. P-Loading

    JavaScript

    パワフルなローディングマスクを実装できるjQueryプラグイン「P-Loading」

    P-Loadingは、パワフルなローディングマスクを手軽に実装すること…

最近の記事

  1. Anker PowerWave Pad Alloy
  2. Anker Bolder LC30
  3. BG-R10

アーカイブ

PAGE TOP