JavaScript

フルスクリーンで画像などの要素を表示させることができるJSライブラリ「screenfull.js」

screenfull.jsは画像などの要素をフルスクリーンで表示させることができるJSライブラリです。画面を最大限フルに使ってコンテンツを閲覧したいといった時に便利ですね。Fullscreen APIのクロスブラウザで使用することができます。

[ads_center]

screenfull.js

screenfull.jsの実際のデモ動作は以下から確認することができます。

screenfull.js

デモ

コンテンツを全画面で表示することでじっくりと見ることができますね。特に画像や動画といったコンテンツと相性がよさそうです。動画だと迫力や臨場感も伝わってきますし、画像なら細部までしっかりと確認することができそうです。

screenfull.jsは画面をフル活用したコンテンツを表示させたい時にとても良さそうですね。

シンプルでスワイプにも対応したスライダーならSimple jQuery sliderがオススメ前のページ

jQueryプラグイン・2014年下半期70選まとめ次のページjQueryプラグイン

関連記事

  1. Tiny Colorpicker
  2. JavaScript

    jQuery Backstretchを使えば超簡単にブラウザサイズに合った背景画像を表示できる

    背景画像をブラウザのサイズに合わせて表示できるプラグイン「jQuery…

  3. ItemSlide.js

    JavaScript

    タッチやスワイプでスライドするカルーセルのjQueryプラグイン「ItemSlide.js」

    ItemSlide.jsはタッチ、スワイプ、スクロールなどでスライドす…

  4. normalmap.js

    JavaScript

    インタラクティブなライティングエフェクトを実装できる「normalmap.js」

    normalmap.jsはシンプルでインタラクティブなライティングエフ…

  5. jQuery Panelize Plugin
  6. ResponsifyJS

    JavaScript

    画像で見せたいエリアを保持しながらレスポンシブにできる「ResponsifyJS」

    ResponsifyJSは画像のなかで見せたいエリアを保持させながらレ…

最近の記事

  1. パニーニ(フォカッチャ ベーコンときのこのゴルゴンゾーラクリーム)とエスプレッソ
  2. 広尾 スタバ
  3. 芳醇な香りのラムレーズンサンド
  4. Aモーニングセット
  5. 白トリュフの塩パンやメロンパンなど

アーカイブ

PAGE TOP