JavaScript

フルスクリーンで画像などの要素を表示させることができるJSライブラリ「screenfull.js」

screenfull.jsは画像などの要素をフルスクリーンで表示させることができるJSライブラリです。画面を最大限フルに使ってコンテンツを閲覧したいといった時に便利ですね。Fullscreen APIのクロスブラウザで使用することができます。

[ads_center]

screenfull.js

screenfull.jsの実際のデモ動作は以下から確認することができます。

screenfull.js

デモ

コンテンツを全画面で表示することでじっくりと見ることができますね。特に画像や動画といったコンテンツと相性がよさそうです。動画だと迫力や臨場感も伝わってきますし、画像なら細部までしっかりと確認することができそうです。

screenfull.jsは画面をフル活用したコンテンツを表示させたい時にとても良さそうですね。

関連記事

  1. Light-Zoom

    JavaScript

    CSSを使用した画像ズームを実装できるjQueryプラグイン「Light-Zoom」

    Light-Zoomは純粋なCSSを使用した画像ズーム(拡大)機能を実…

  2. JavaScript

    レスポンシブに対応している軽量のjQueryスライダー「Unslider」

    とても軽量でレスポンシブにも対応しているjQueryスライダー「Uns…

  3. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryでsetTimeoutを使えば各要素のアニメーションを実行させる時間を調整できる

    jQueryのsetTimeoutを使えば何秒後に実行するかといったこ…

  4. lightgallery.js
  5. CollagePlus

    JavaScript

    画像を綺麗に整列させるjQueryプラグイン「CollagePlus」

    画像を綺麗に整列させる便利なjQueryプラグイン「CollagePl…

  6. No Vacancy

    JavaScript

    ネオンサインのようなエフェクトを実装できるjQueryプラグイン「No Vacancy」

    テキストにネオンサインのようなエフェクトを実装することができるjQue…

最近の記事

  1. mill オイルヒーター
  2. Anker PowerWave 10 Pad & Stand セット

アーカイブ

PAGE TOP