JavaScript

フルスクリーンで画像などの要素を表示させることができるJSライブラリ「screenfull.js」

screenfull.jsは画像などの要素をフルスクリーンで表示させることができるJSライブラリです。画面を最大限フルに使ってコンテンツを閲覧したいといった時に便利ですね。Fullscreen APIのクロスブラウザで使用することができます。

[ads_center]

screenfull.js

screenfull.jsの実際のデモ動作は以下から確認することができます。

screenfull.js

デモ

コンテンツを全画面で表示することでじっくりと見ることができますね。特に画像や動画といったコンテンツと相性がよさそうです。動画だと迫力や臨場感も伝わってきますし、画像なら細部までしっかりと確認することができそうです。

screenfull.jsは画面をフル活用したコンテンツを表示させたい時にとても良さそうですね。

関連記事

  1. StickyStack.js

    JavaScript

    パネルにスタッキング効果を実装できるjQueryプラグイン「StickyStack.js」

    StickyStack.jsはパネルにスタッキング効果を実装することが…

  2. JavaScript

    アニメーション付きの水平・垂直プログレスメーターを実装できる「jQMeter」

    jQMeterはアニメーションが付いた水平・垂直のプログレスメーターを…

  3. Zoom SlideShow

    JavaScript

    カルーセルのスライドショーとズーム機能を備えた「Zoom SlideShow」

    Zoom SlideShowは、カルーセルによるスライドショーとズーム…

  4. jQueryでウィンドウサイズによって処理を変える

    JavaScript

    jQueryで現在のウィンドウサイズの取得と判定をして処理を変えるやり方

    jQueryで現在のウィンドウサイズの取得と判定をして処理を変えるやり…

  5. DD Scroll Boxes
  6. no-image

    JavaScript

    トップに素早く戻れるボタンを実装できるjQueryプラグイン「TopButton」

    TopButtonはボタンをクリックするだけで画面トップに素早く戻れる…

最近の記事

  1. Anker PowerPort Atom PD 4
  2. USB-2H401BKN
  3. Dyson Pure Cool Me
  4. ルック セレクション

アーカイブ

PAGE TOP