ResponsifyJS

JavaScript

画像で見せたいエリアを保持しながらレスポンシブにできる「ResponsifyJS」

ResponsifyJSは画像のなかで見せたいエリアを保持させながらレスポンシブに対応できるjQueryプラグインです。ブラウザ幅に合わせて画像が単純に縮小・拡大するのではなく、見せたい部分にフォーカスさせることが可能です。

ResponsifyJS

デモ

デモではたくさんの画像が並べられています。ブラウザ幅を縮小してみると分かると思いますが、それぞれの画像でメインとなる部分を残しながら縮小していきます。

フォーカスエリアはimgタグにdata属性を用いて指定できます。画像1枚に対してdata-focus-left、data-focus-top、data-focus-right、data-focus-bottomの数値を指定できるのでとても便利ですね。

「スマホ画面だと画像全体が小さくなってメインの被写体がわかりづらい!」なんてときに活用してみてはいかがでしょうか?

というわけで、画像にフォーカスエリアを設定してレスポンシブに対応したい方は、ぜひResponsifyJSをチェックしてみてください。

ResponsifyJS

関連記事

  1. jQuery Page

    JavaScript

    モバイルに最適なスライドやフリップを実装できる「jQuery Page」

    jQuery Pageは、スマホなどモバイルに最適なスライドやフリップ…

  2. jQueryプラグインのスライダー集

    JavaScript

    【jQueryプラグイン】素晴らしい機能が満載のスライダー集

    jQueryプラグインには様々な役立つ機能がありますが、中でも人気が高…

  3. jQuery Glow
  4. no-image

    JavaScript

    フォームに文字制限を設定できるjQueryプラグイン「Character Limit」

    Character Limitは、フォーム要素に文字制限を設定するため…

  5. Simple button radios

    JavaScript

    シンプルで高性能なラジオボタンを実装できる「Simple button radios」

    Simple button radiosはシンプルで高性能なラジオボタ…

  6. Shuffle Images

    JavaScript

    画像をシャッフルすることができるjQueryプラグイン「Shuffle Images」

    Shuffle ImagesというjQueryプラグインを使えば、画像…

最近の記事

  1. Anker PowerCore Lite 20000
  2. ネクスタイム
  3. フォールドオーバーポーチ
  4. 田沢湖
  5. ハクバ シリコンクロス

Instagram始めました

Facebookページ

アーカイブ

PAGE TOP