ResponsifyJS

JavaScript

画像で見せたいエリアを保持しながらレスポンシブにできる「ResponsifyJS」

ResponsifyJSは画像のなかで見せたいエリアを保持させながらレスポンシブに対応できるjQueryプラグインです。ブラウザ幅に合わせて画像が単純に縮小・拡大するのではなく、見せたい部分にフォーカスさせることが可能です。

ResponsifyJS

デモ

デモではたくさんの画像が並べられています。ブラウザ幅を縮小してみると分かると思いますが、それぞれの画像でメインとなる部分を残しながら縮小していきます。

フォーカスエリアはimgタグにdata属性を用いて指定できます。画像1枚に対してdata-focus-left、data-focus-top、data-focus-right、data-focus-bottomの数値を指定できるのでとても便利ですね。

「スマホ画面だと画像全体が小さくなってメインの被写体がわかりづらい!」なんてときに活用してみてはいかがでしょうか?

というわけで、画像にフォーカスエリアを設定してレスポンシブに対応したい方は、ぜひResponsifyJSをチェックしてみてください。

ResponsifyJS

関連記事

  1. JavaScript

    jQueryプラグイン・2014年上半期56選まとめ

    気づいたら2014年も上半期が終わってしまいましたね。そんなわけで、2…

  2. no-image

    JavaScript

    テキストに応じてアンダーラインが伸び縮みする「Magic Line Menu」

    Magic Line Menuはナビゲーションメニューのテキストに応じ…

  3. JavaScript

    JavaScriptの配列操作をメモがてら整理してまとめてみる

    自分用のメモです。JavaScriptの配列操作に関するメソッドなんか…

  4. Rainbow.js
  5. Menu Droplet Animation

最近の記事

  1. Soundcore Liberty Air 2
  2. Soundcore Liberty 2
  3. マザーツリー
  4. RICOH THETA SC2

アーカイブ

PAGE TOP