ResponsifyJS

JavaScript

画像で見せたいエリアを保持しながらレスポンシブにできる「ResponsifyJS」

ResponsifyJSは画像のなかで見せたいエリアを保持させながらレスポンシブに対応できるjQueryプラグインです。ブラウザ幅に合わせて画像が単純に縮小・拡大するのではなく、見せたい部分にフォーカスさせることが可能です。

ResponsifyJS

デモ

デモではたくさんの画像が並べられています。ブラウザ幅を縮小してみると分かると思いますが、それぞれの画像でメインとなる部分を残しながら縮小していきます。

フォーカスエリアはimgタグにdata属性を用いて指定できます。画像1枚に対してdata-focus-left、data-focus-top、data-focus-right、data-focus-bottomの数値を指定できるのでとても便利ですね。

「スマホ画面だと画像全体が小さくなってメインの被写体がわかりづらい!」なんてときに活用してみてはいかがでしょうか?

というわけで、画像にフォーカスエリアを設定してレスポンシブに対応したい方は、ぜひResponsifyJSをチェックしてみてください。

ResponsifyJS

関連記事

  1. jQuery Equal Height

    JavaScript

    異なる要素の高さを揃えてくれる「jQuery Equal Height」

    jQuery Equal Heightは、異なる要素の高さをキレイに揃…

  2. no-image

    JavaScript

    シンプルなイメージスライダーとカルーセルを実装できる「SkySlider」

    SkySliderはシンプルで軽量、そしてレスポンシブにも対応したイメ…

  3. Brusher

    JavaScript

    インタラクティブな背景を実装できる「Brusher」

    Brusherはインタラクティブな背景を実装できる軽量なJavaScr…

  4. no-image

    JavaScript

    フラットでシンプルなカラーピッカー実装「Pickr」

    Pickrはフラットでシンプルなカラーピッカーを実装できるのが特徴です…

  5. Expanding Bar Navigation Concept
  6. jQuery toTop()

    JavaScript

    シンプル・軽量でカスタマイズもできる滑らかなスクロール「jQuery toTop()」

    jQuery toTop()はトップへ行くための滑らかなスクロールを実…

最近の記事

  1. cheero USB-C PD Charger 60W
  2. DY-S01
  3. OWL-QI10W04
  4. BQ-CC87L

アーカイブ

PAGE TOP